スズキと浜松医科大学、日常の運転と認知機能の関係性について浜松市で実証事業を開始

スズキと、国立大学法人 浜松医科大学は9月13日、静岡県浜松市と協働し、「高齢ドライバーにおける日常の運転行動特性と認知機能の関係性:前向きコホート研究」を開始すると発表した。 浜松市は、市民の疾病・介護予防や健康増進に […]

続きを読む

日産、産学連携によるバーチャル研究所「交通安全未来創造ラボ」を創設 高齢ドライバーなどの交通事故削減を目指す

日産は3月19日、新潟大学、北里大学、相模女子大学と連携し、ネットワーク上「交通安全未来創造ラボ」を創設したと発表した。   同ラボは、交通死亡事故ゼロを目指し、高齢ドライバーや幼児・児童、訪日外国人、さらに過 […]

続きを読む

トヨタ・モビリティ基金、高齢ドライバーと家族のための総合情報サイト「高齢ドライバードットコム」を公開

一般財団法人トヨタ・モビリティ基金(TMF)は、交通安全に向けた取り組みの一環として、高齢ドライバー及びその家族にとって有用な情報を集めた総合サイト「高齢ドライバードットコム」を制作し、8月5日(水)に公開した。 &nb […]

続きを読む

トヨタモビリティ東京、交通事故低減に向け「踏み間違い加速抑制システム」の設置を推進

トヨタモビリティ東京株式会社は、高齢ドライバーの安心・安全につながる取り組みの一環として、「踏み間違い加速抑制システム」の設置推進を強化することを発表した。   「踏み間違い加速抑制システム」とは、トヨタの純正 […]

続きを読む

日産と新潟大学、高齢ドライバーの安全走行を促進・啓発する「ハンドルぐるぐる体操」を制作

日産自動車は、新潟大学と共に、高齢ドライバーの安全走行を促進・啓発するための「ハンドルぐるぐる体操」を制作したと公表した。   「ハンドルぐるぐる体操」は、主に高齢ドライバーが日々の生活の中で運動習慣をつけるこ […]

続きを読む