【ワンダー速報】ボルボXC40にプラグインハイブリッドのRechargeが追加!XC40 T4 R-designの元オーナーがぶっちゃけ試乗レビュー

試乗レポート

2018年日本カーオブザイヤーに輝いたボルボのXC40は私も2018年12月から2019年11月までの1年間所有していました。

デビュー以来日本でも大人気となり、一時は納車待ちが1年近く延びていたモデルですが、ボルボが掲げる電動化の流れを受けて、新しくプラグインハイブリッドモデルが追加になりました。

元オーナーの視点で、新型ボルボXC40 Recharge Plugin-Hybrid T5 Inscriptionをレビューします!

■エクステリアの変化は最小限

今回試乗させていただいたのは、XC40 Recharge Plugin-Hybrid T5 Inscriptionという、ラグジュアリーモデルになります。

Inscriptionでは、今までのT4やT5と言った、2.0Lターボモデルでも縦縞のグリルが特徴でしたが、このRechargeにおいてもその意匠は踏襲されています。

Inscriptionに装備される19インチアルミホイールのデザインも、今までのT4やT5のものと同様です。

Rechargeになってもエクステリアの変化はほとんどない。

なので、パッと見でプラグインハイブリッドなのかどうかは判断が難しいです。

唯一見分けるポイントとしては、隠されたマフラーと、ボディ左側フェンダー部分に設けられた充電用のソケット部くらいです。

それだけ、プラグインハイブリッドのモデルに特別感を感じさせずに乗ってもらいたいというメーカーの思いなのかもしれません。

ボディ左側フロントフェンダー部分に、充電用のソケットが備わる。急速充電には非対応。

ボルボXC40のエクステリアデザインは、その他のボルボ車の中では異端なデザインとなっており、ブルドッグをイメージしたという顔つきは、カッコ可愛い感じになっています。

さらにボディサイズも特徴的で、全長 4,425mm x 全幅1,875 mm x 全高1,660 mmと、レクサスUXやMAZDA3よりも短い全長に、1,875mmというレクサスRXの全幅に迫るワイドなディメンションになっています。それ故、エクステリアの迫力はクラスレスで、車格以上に立派に見えます。

1年乗っていたオーナーとしては、特にリアビューが秀逸で、よりワイドに見えるリアコンビネーションランプのデザインなどは気に入っていました。

■内装もセンスよく質感高いが、残念なポイントも…

インテリアは、基本的にはガソリンモデルと同じです。

9インチの縦型ナビゲーションが中央に配され、ドアトリムやダッシュボードにはドリフトウッドという白木の本杢目パネルがあしらわれ、センスよくまとまったデザインと質感になっています。

メッキやピアノブラック加飾を多用する高級感の演出とは異なり、無塗装素地のままの部分もありますが、それでも温かみがあるように見せているマテリアルの配置はさすがだと思います。

内装の変化もほぼ無く、ドリフトウッドの杢目が美しいインテリアは健在。

基本的には従来のターボモデルと同じだと思いきや、センターコンソール部分に縦置きされたバッテリーの関係で、センターコンソールトレイの収納の深さが浅くなっています。

それに伴い、XC40のターボモデルで採用されていた「日本車の収納術を参考にした」と言われていた着脱式のゴミ箱も廃止。

さらにラゲッジスペースも、床下収納の容積が少なくなり、ラゲッジボードを折り曲げて立てた所にコンビニフックが付いていたアイデアも廃止されました。

日本車顔負けの収納術があったのが、XC40の魅力の一つだっただけに、そのうち2つが廃止されているのは元オーナーとしては残念に思いました。

ただ、それによって得たプラグインハイブリッドの走りは、想像を超えるものでした。

XC40 Recharge Plugin-Hybrid T5 Inscriptionの内外装の詳細は、動画でもアップしたのでぜひこちらも見ていただければ↓

■走りは感動!上質さが更に際立つ!

内外装のチェックが済んだところで、いざ試乗へと走り出します。

私が1年間乗っていたT4 R-Design AWDは、軽めの操舵フィールでありながら接地感はしっかりしており、140kW/300Nmのエンジンは必要十分以上の軽快な走りを見せてくれていて、走りに関しては非常に満足していました。

それに対して、今回試乗させてもらったRecharge Plugin-Hybrid T5 Inscriptionは、走り始めからモーターの力強さとエンジンが全くかからない静粛性が際立っていました。

しかも、60kW/160Nmのモーター単体での力強さも十分で、街乗りだったらエンジンを使わずEVとして終始徹することも可能なほど。

ドライブセレクトをPureにすれば、モーター走行を最優先したモードになり、最高135km/hまでの速度域でモーター走行が可能。バッテリーを満充電した際のモーター単体での航続可能距離は41kmと、自宅で充電して通勤に使う人ならEVだけで事足りてしまいます。

走りはモーターと3気筒1.5Lエンジン+7速DCTという非常に凝った機構。

そして、エンジンと協調して走るHybridモードなら、3気筒1.5Lターボエンジンは180ps/265Nmと、それ単体でもかなり力強い走りを味わえる上に、モーターがさらに加わるので電気ターボ的な不思議な加速フィールとなります。

組み合わされるトランスミッションは、ガソリンモデルの8速ATとは異なる7速DCTとなり、それもまたダイレクト感があって面白さがありました。

全開加速をしても、いきなりトルクがドン!と立ち上がるのではなく、まず低速はモーターで走り出し、途中からエンジンが力強く後押しし、さらにモーターとの協調で中間以降の加速をしていくという、なんとも不思議な加速フィール。もちろん、加速感は必要十分以上なので、遅いということはありません。

奥様でも軽々操舵できるステアフィールもそのままで、ガソリンモデルよりは少し踏み代はいるもののリニアなブレーキタッチも、回生ブレーキとは思えないほど見事なものになっていました。やはりXC40ならではの走りの良さは、プラグインハイブリッドのRechargeになっても健在。

さらに特筆すべきはその静粛性で、エンジンルームからの遮音性はもちろん、ロードノイズもかなり抑えられており、ガソリンモデル以上に上質さが感じられました。

走りはガソリンモデル以上に上質さが感じられた。
■XC40 Recharge、気になる価格は…

XC40 Recharge Plugin-Hybrid T5 Inscriptionの価格は649万円とのことで、ガソリンモデルよりは結構な値上がりとなります。

ただ、CEV補助金とエコカー減税が受けられるので、それらの概算が44万円程度と考えると、従来のガソリンモデルのT5 Inscription AWDとの価格差は36万円程度となります。

ただ、今回試乗したRecharge Plugin-Hybrid T5 InscriptionはFFとなるので、単純には比較できませんが。

さらに、従来のガソリンターボのT4やT5も48Vマイルドハイブリッド化されて価格も20万円程度は上昇するので、差額はさらに縮まります。

電動化の流れは避けられないにしても、どうしても価格が上昇してしまうのは消費者としては痛いところ。

デザインだけで気軽に安価で選べるXC40があっても良いのではとも思います。日本未導入の3気筒1.5Lターボモデルなどあれば最高ですね。

2018年の日本カーオブザイヤーにも輝いて、人気のため納車が1年近く待ちになっていたボルボXC40なので、電動化されても根強い人気になると思われます。

気になっている方は、お近くのボルボディーラーまで足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

このほかのワンダー速報の記事はこちら

[ドラヨス]
月間100万PVのブログ「ワンダー速報」と、登録者数11万人、月間420万再生以上(2020年8月25日現在)のYouTubeチャンネル「ワンソクtube」の管理人。
クルマ買うチューバーを自称し、2か月に1台のペースでクルマを購入してレビューするスタイルが好評。

ワンダー速報ブログ:https://wansoku.com/

Tagged