【ワンダー速報】RAV4 PHV&新型ハリアー、さらに日本未発売のハイランダー試乗! 乗り比べてわかった違いとは?

試乗レポート

トヨタの新型SUV一気乗り! 横浜で開催された新型ハリアーとRAV4 PHVの試乗会に参加させていただきました。

本来ならハリアーとRAV4 PHVの乗り比べのはずが、その場にはなんと日本未発売のハイランダーまで置いてあるじゃないですか!

これは乗らない手はないですよね!ということでついでにハイランダーまで試乗させてもらいました。

3車を乗り比べてわかった違いをレポートします!

RAV4 PHV、ハリアー、ハイランダーというトヨタのSUV3台を乗り比べられるまたとない機会となった

■まずはRAV4 PHVから試乗! 結論から言えば走りはコレがベスト!

まず試乗させてもらったのがRAV4 PHVです。

見た目は通常のRAV4とそれほど大きな変化はありませんが、各部がPHVモデル専用のパーツがあしらわれています。

RAV4 PHVの外観は、ノーマルに比べてピアノブラックやメッキのパーツが増えるなど上質さが増している

エクステリアではグリル周りにメッキのフレームが付いたり、フロントリップスポイラーが付いたり、グリルやフェンダーアーチがクリア塗装されていたりと、通常のRAV4よりも都会派というかラグジュアリーな雰囲気をまとっています。

内装においては大きな変化は無いのですが、専用の赤いステッチが付いたり、RAV4の初期モデルにはなかったヘッドアップディスプレイや後席シートヒーター、助手席パワーシートなども装備されています。

私はRAV4のガソリンモデルG Z packageに1年弱乗っていましたが、いざ試乗してみると、これは完全に別物ですね。

走り始めた瞬間にわかるボディ剛性の高さと走りのしっかり具合は、輸入車SUVのラージクラスと比較しても劣らないほど。床下にバッテリーを積んでいるからか、路面からの不快な振動はすべてシャットアウトされていて、乗り心地が良いだけでなくスッキリとした乗り味になっています。

このスッキリ具合はBMWのX3辺りと比較しても負けていないかも。そして、アクセルを踏めばシステム最高出力225kW(306PS)というハイパワーがホイールスピンを発生するほど力強く加速します。

EVホールドのSPORTモードが一番力強いとのことでしたが、通常のAUTOハイブリッドモードでも十分すぎるほど速く、0−100km/hが6秒という俊足は下手なスポーツカーすらぶっちぎれるほど。箱型のSUVとは思えないですよね(笑)

RAV4 PHVの走りは国産SUVの概念を変えるほど素晴らしいものだった。この動的質感を他の車種にも実現して欲しいところ。

RAV4 PHVの走りの良さにはかなりの感動で、その後に試乗したハリアーハイブリッドやガソリンは正直どうでも良くなってしまうほど、その走りの質感は大きく異なっていました。

本来ならハリアーの走りの質も相当良くなっていますが、比較にならないほどRAV4 PHVが良かったんですよね。ステアフィールもどっしりとしていて通常モデルのゆったりふんわりとしたものとは全く異なっていましたし、アクセルに対するトルクの付きや、回生ブレーキながらしっかりと効くブレーキフィールなども国産車離れした動的質感となっていました。

RAV4 PHVの価値は、プラグインハイブリッドとしてEVのように使えたり、災害時などに家電に供給できる充電設備になったりすることだと思っていましたが、走りの質感だけで選んでもいいと思えるほど、そのドライブフィールが素晴らしかったんですよね。これは本当に衝撃的でした。

RAV4 PHVは急速充電にはあえて対応してないとのこと。充電スタンドをEVに譲る考えだが、そもそもインフラが足りていないということ。マンション暮らしにとっては購入するメリットが無くなる。

ただ残念なのは、RAV4 PHVは予想以上に売れてしまい、バッテリーの供給が追いつかず受注が一時中止になっているとのこと。

出来の良いクルマだけに、生産も安定すると良いですね。

 

■新型ハリアーのドライブフィール、どれがベスト?

続いてはハリアーの試乗ですが、この日試乗できたのはハイブリッドのE-Fourと、ハイブリッドのFF、そしてガソリンモデルのFFという3台でした。

試乗したRAV4 PHVの直後に試乗したハリアーハイブリッドZのE-Fourは、思わず「あれ、こんなに雑味があったっけ…」と思ってしまうほど、RAV4 PHVとは異なる印象でした。

おそらく、フロアやサスペンションなどの剛性の違いからくる、プルプルとした微振動がボディや乗員に伝わっている感じ。ハリアー単体だけ乗れば「上質だなぁ」と思っていたんですが、RAV4 PHVと乗り比べちゃダメですね。

私も購入した新型ハリアーハイブリッドは、街乗りにおいてはFFのほうが印象が良かった。

その後、ハイブリッドのFFにも試乗したのですが、E-Fourで感じていたような雑味が抑えられ、そして発進加速もボディの軽さの分スムーズだったのが好印象でした。同乗した3人ともFFのほうが印象が良かったので、もしかしたらE-Fourで雑味を感じていたのは個体差だったのかもしれません。

ガソリンモデルはパワートレインの軽さの分、出足の発進加速には軽快感があります。ただ、騒音や振動の面ではハイブリッドのほうが静かで上質さがあります。

ハリアーという車格やキャラクターを考えるなら、ハイブリッドのほうが世界観に合っていると思いますが、価格差が60万円ほどあるので、60万円分の価値があるかと言えば難しいところ。

また、リセールにおいてもガソリンモデルのほうが値下がりが低い傾向にあるので、トータル的に見ればガソリンモデルも良いと思いました。

ガソリンモデルの4WDだけ試乗できていないので、それを含めて判断したいですね。

新型ハリアーも出来は良いのだが、RAV4 PHVの動的質感の前に霞んでしまった…。それほどRAV4 PHVが良かった。

さらに、18インチや17インチ、19インチでも乗り味や騒音振動も変わってくるので、どれがベストなのかは全部を同時に乗り比べないとわからないというのが正直なところですが、ハリアーというラグジュアリーSUVであることを考えるなら、装備や見た目的にも19インチホイールを装着する上位グレードのZが良いのではないかと思います。

耳たぶミラーが許容できるのであれば、中間グレードのGの18インチの乗り心地も良さそうです。

 

■最大の伏兵、ハイランダー試乗!

日本未発売のハイランダー。全長4,950mm×全幅1,930mm×全高1,729mmというサイズは日本の道路事情では大きいかもしれないが、レクサスLXやランドクルーザーよりもまともに座れる3列シートSUVは需要があるはず。

最後に、日本未発売のハイランダーを試乗させてもらいました。

ハイランダーはRAV4やハリアーと同じプラットフォームながら、ホイールベースも延長された3列シートSUVになっています。

試乗車のパワートレインは3.5L V6 NAと、日本にはない仕様となっていましたが、走り味はやはり北米らしいおおらかさがあります。

ステアフィールも軽くゆったりふんわりとした乗り味。キビキビと走るというよりは、幅の広い道を真直ぐクルーズするのに適した味付けとなっていました。

全長4,950mm、全幅1,930mm、全高1,729mmのボディサイズは日本の道路事情では乗り手を選ぶと思いますが、アルファードやヴェルファイアとは違うピープルムーバーの選択肢として需要はあると思いました。

事実、3列目の居住性はランクルやレクサスRX450hLなどよりよっぽどまともに座れる快適性を有しており、CX-8もそこそこ売れていることを考えれば、日本でも人気モデルになる可能性も高いと思えました。

そんなハイランダーの内外装レポートや試乗ドライブフィールレポートは動画でまとめてあるので、ぜひ見てみてください。

ユーザーの要望が多ければ、日本でも販売される可能性があるかもしれませんね。

 

 

このほかのワンダー速報の記事はこちら

[ドラヨス]
月間100万PVのブログ「ワンダー速報」と、登録者数10万人、月間400万再生以上(2020年8月3日現在)のYouTubeチャンネル「ワンソクtube」の管理人。
クルマ買うチューバーを自称し、2か月に1台のペースでクルマを購入してレビューするスタイルが好評。

ワンダー速報ブログ:https://wansoku.com/

Tagged