[2020年春版] 新車で買える国産ディーゼルエンジン乗用車 一挙に紹介!

コラム・特集

高い燃費性能や力強いトルクなど、ガソリンエンジンとは異なる魅力を持つのがディーゼルエンジン。振動や騒音など、従来ディーゼルの弱点とされてきた部分も現在では大きく改善され、質感の面でも満足できるモデルが増えている。車両価格はガソリン車よりも若干高くなるが、ガソリンよりも安価な軽油が燃料のため、長く乗るなら経済性の面でも優位だ。

このディーゼルエンジン搭載モデルのラインアップが充実しているのは欧州車だが、国産車もマツダを中心に徐々に増えている。中でも現在人気のSUVでは、相性の良さから搭載が増えているのが目立つところ。燃費を気にしてハイブリッド車を選択するのももちろんアリだが、特に長距離ドライブが多いユーザーなら、ディーゼル車も最適な選択になるだろう。

ということで、今回は現在販売されているディーゼルエンジン搭載の国産ブランド車を一挙に紹介してみよう。

[トヨタ・ランドクルーザープラド]
高い悪路走破性を誇る本格4WDがランドクルーザープラド。現行モデルは4代目で、2009年の登場だから今年で10年目というロングセラーモデルだ。

現行モデルのデビュー時はガソリンエンジンのみのラインアップだったが、2015年、約7年ぶりにディーゼルエンジンが国内復活。搭載されたのは直列4気筒2.8Lの最新ディーゼルターボ「1GD-FTV」で、最高出力177ps、最大トルク450Nmを発揮する。燃費は11.8km/L(JC08モード)。

ディーゼル車の価格は422万9500円~546万2600円。5人乗りと7人乗りを選択することができるのもポイントといえるだろう。

なお「プラド」ではなく、上級の「ランドクルーザー(200系)」は海外ではディーゼルの設定があるものの、国内では4.6L・V8のガソリンエンジンのみの設定となっている。

高い悪路走破性を誇るランドクルーザープラド。ガソリンも選べるが、やはりディーゼルとの組み合わせがベストだ
プラドが搭載する「1GD-FTV」エンジン。世界トップレベルの最大熱効率44%を達成し、高い燃費性能を実現している。トヨタでは初めて尿素SCRシステムを採用し、EURO6にも対応している

[トヨタ・グランエース]
東京モーターショーでの初披露後、12月に正式発売となったラージクラスのミニバン。4列シート8人乗りの「G」と3列シート6人乗りの「プレミアム」の2グレードが設定されている。

ボディサイズは全長5300×全幅1970×全高1990mm。全長5mを超えるビッグサイズで、車両重量も約2.7tと相応に重い。これを走らせるにはトルクフルなディーゼルエンジンが最適というわけだ。

搭載するエンジンは、プラドと同じ2.8Lディーゼルターボの「1GD-FTV」。最高出力、最大トルクも同値だ。燃費性能は10.0km/L(WLTCモード)となっている。

価格は8人乗りの「G」が620万円、6人乗りの「プレミアム」が650万円。

東京モーターショーで注目を集めた新型フルサイズワゴン・グランエース。プラドと同型のエンジンを搭載する

 

[トヨタ・ハイラックス]

高い信頼性から世界で活躍するピックアップトラック。日本では一時販売を停止していたが、2017年に13年ぶりに復活した。

搭載するエンジンは直列4気筒2.4Lのディーゼルターボ「2GD-FTV」で、最高出力150ps、最大トルク400Nmを発揮。駆動方式はパートタイム式の4WDを採用する。

このGD型エンジンは従来のKD型に代わる最新エンジン。低回転域でも高トルクを発揮するとともに、高熱効率による優れた環境性能も実現しており、燃費は11.8km/L(JC08モード)を達成している。

ボディサイズは全長5335×全幅1855×全高1800mm。全長5mを超える大柄なボディということもあり車両重量は2tを超えるが、トルクフルなエンジンで力強い走りが楽しめる。

日本の道路環境ではちょっと大き過ぎるボディサイズや、1ナンバーのため車検が毎年必要になるなど手を出しにくい部分もあるが、何といっても正規販売される国産ブランドのピックアップトラックは、現在このハイラックスだけ。他では味わえない魅力に満ち溢れた1台だ。

価格は338万2500円~403万4800円。

13年ぶりに国内復活を遂げた「ハイラックス」。頑丈なラダーフレーム構造で、タフな走りも楽しめる
直列4気筒2.4Lディーゼルターボ2GD-FTV型を搭載。最高出力150PS(110kW)/3,400rpm、最大トルク40.8kgf・m(400N・m)/1,600~2,000rpmを発揮する

[マツダ・MAZDA2]
従来「デミオ」名で販売されていたコンパクトカー。今夏、マイナーチェンジすると同時に車名を海外向けと同じ「MAZDA2」に変更された。

搭載するディーゼルエンジンは1.5Lで、最高出力105ps、最大トルクは250Nm(6MT車は220Nm)を発揮。排気量が同じ1.5Lのガソリンエンジンも搭載するが、こちらは最高出力110ps、最大トルク141Nmだから、いかにディーゼルが高トルクかわかるだろう。ガソリン、ディーゼルともにその走りの良さは定評があるが、特にディーゼルの力強さはコンパクトカーの中でトップクラスといえる。

燃費はWLTCモードで21.6km/L、6MT車は25.2km/Lと経済性にも優れている。

ディーゼルエンジン搭載車の価格は199万1000円~266万7500円。

「デミオ」改め「MAZDA2」。パーソナルユースに最適なコンパクトカーとして仕上げられている
小排気量ながら力強い走りを見せる「SKYACTIV-D1.5」エンジンを搭載

 

[マツダ・MAZDA3]
マツダの次世代商品群の第1弾として19年5月に登場したCセグメントのセダン/ハッチバック(ファストバック)。モデルチェンジを機に車名を先代までの「アクセラ」から変更し、海外名「MAZDA3」に統一された。

新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」の搭載で注目を集めたが、もちろんクリーンディーゼルもラインアップ。搭載されるのは1.8Lのディーゼルターボで最高出力116ps、最大トルク270Nmを発揮し、ゆとりある走行性能を実現している。WLTCモード燃費は20.0km/L(セダン・FF・6AT)と燃費性能も高い。また静粛性でも評価が高いモデルだ。

ディーゼルエンジン搭載車の価格は、ファストバック、セダンとも279万741円~328万1055円。

アクセラの後継として登場したMAZDA3。“魂動”デザインを深化させた、マツダの次世代商品群の第1弾で、スカイアクティブ ビークル アーキテクチャーの新採用で性能を大きく向上させている
直列4気筒直噴DOHCディーゼルターボ「SKYACTIV-D 1.8」を搭載。最高出力116psを発揮する

 

[マツダ・MAZDA6]
19年8月のマイナーチェンジと同時に、車名を「アテンザ」から「MAZDA6」に変更。マツダのフラッグシップとなるDセグメントのセダン/ステーションワゴンだ。

搭載するのは2.2Lのディーゼルターボ。最高出力190ps、最大トルク450Nmを発揮し、余裕のある走りを実現している。

燃費性能も高く、WLTCモード燃費はFF/6MT車で19.6km/L、6AT車でも17.8km/Lとなっている。

ディーゼルエンジン搭載車の価格は、セダン、ワゴンとも331万1000円~429万5500円。

「アテンザ」改め「MAZDA6」。トルクフルな2.2Lディーゼルターボ「SKYACTIV-D2.2」を搭載する

[マツダ・CX-3]
2015年に登場したコンパクトクロスオーバー。登場時は1.5Lディーゼルエンジンのみのラインアップで、国内唯一のディーゼル専用車として話題を集めたのも記憶に新しい。その後、17年には2Lガソリンエンジンも追加、18年の大幅改良でディーゼルエンジンを1.5Lから1.8Lに換装している。

現在搭載しているディーゼルエンジンは、1.8Lターボの「SKYACTIVE-D1.8」でMAZDA3に搭載しているものと同型の最新ディーゼルエンジン。最高出力116ps、最大トルク270Nmを発揮する。WLTCモード燃費は20.0~23.2km/L。ガソリン車のトランスミッションは6ATのみだが、ディーゼルなら6MTも選ぶことができるのも魅力といえるだろう。

ディーゼルエンジン搭載車の価格は248万1600円~315万1786万円。

扱いやすいコンパクトクロスオーバーSUVとして人気の「CX-3」。1.5Lから1.8Lへの変更で最高出力が11ps向上し、より余裕のある走りが楽しめるようになった。

 

[マツダ・CX-30]
MAZDA3に続くマツダの新世代商品第2弾として登場したクロスオーバーSUV。パーソナルユースに適したCX-3よりもボディサイズがやや大きく、ファミリーユースにも最適な居住空間を備えている。

ベースとなっているのはマツダ3で、搭載するエンジンも同じ1.8Lのディーゼルターボ「SKYACTIV-D1.8」。最高出力116ps、最大トルク270Nmを発揮する。WLTCモード燃費はFFで19.2km/L、4WDで18.4km/L。

ディーゼルエンジン搭載車の価格は288万7500円~330万5500円。

CX-30はマツダ3に続く新世代第2弾。デザインの美しさと走りの良さで、発売以来高い人気を獲得している

 

[マツダ・CX-5]
マツダSUVラインアップの中核となるミドルクラスのクロスオーバーSUV。現行モデルは2代目で17年に登場している。

ディーゼルエンジンはマツダ6と同型の2.2Lの「SKYACTIV-D2.2」を搭載。最高出力190ps、最大トルク450Nmを発揮し、WLTCモード燃費はFF/6MT車で19.4km/L、FF/6AT車で17.4km/Lを実現。走りの良さと経済性を両立している。

ディーゼルエンジン搭載車の価格は293万7000円~365万7500円。

マツダSUVの中核となるCX-5。2018年2月の改良でエンジンが大幅に改良され、最高出力/最大トルクを向上、燃費性能も高められている

 

[マツダ・CX-8]
マツダの国内向けクロスオーバーSUVラインアップの最上位となるモデル。3列シートを備え、ミニバン的な使い方も可能としているのが大きな特徴だ。

2列目シートは2タイプあり、キャプテンシート仕様は6人乗り、ベンチシート仕様は7人乗りとなる。

ディーゼルエンジンはCX-5と同じ2.2Lディーゼルターボを搭載している。パワーは同じだが車両重量が重いため、WLTCモード燃費はFFで15.8km/L、4WDで15.4km/Lとなっている。

ディーゼルエンジン搭載車の価格は、382万8000円~467万600円。

3列シートを採用し、ミニバン的な使い方も可能なCX-8。3列目シートを格納し、広大な荷室としても使えるのも人気の理由だ

 

[三菱・エクリプスクロス]
スタイリッシュなクーペフォルムを採用したコンパクトSUV。18年の発売時はガソリン1.5L直噴ターボのみの設定だったが、19年6月にクリーンディーゼルエンジンが追加された。

搭載されるディーゼルエンジンは、デリカD:5と同型の2.2Lターボ。最高出力145ps、最大トルク380Nmを発揮する。
排出ガスの浄化には尿素SCRシステムを採用している。駆動方式はガソリン車にはFFも設定されているが、ディーゼルは4WDのみとなっている。

燃費性能は14.2km/L(WLTCモード)。

ディーゼルエンジン搭載車の価格は、311万8500円~346万6100円。

クーペSUVフォルムのエクリプスクロス。車両運動統合制御システム「S-AWC」も採用し、高い悪路走破性も持ち合わせている
直列4気筒2.2Lコモンレール式DI-D(ダイレクト・インジェクション・ディーゼル)クリーンディーゼルターボエンジン「4N14」型を搭載。380Nmの最大トルクを発生する

 

[三菱・デリカD:5]
本格的な悪路走破性を備える国産唯一のミニバンとして高い人気を誇るモデル。

2007年の登場だが、ディーゼルエンジンは12年に追加。19年2月には大幅なマイナーチェンジを行い、特にフロント周りのデザインが一新され、話題を集めたのも記憶に新しい。なおデリカD:5にはガソリン車もあったが、19年10月に生産終了済。ということで現在はディーゼル専用ミニバンとなっている。

搭載するエンジンは2.2Lの直噴ターボ。排気量やエンジン型式は12年の搭載時から変わらないが、19年の大幅MCと同時に主要部品の約5割を改良するなど大きく手が入れられ、また三菱車としては初めて尿素SCRシステムを導入するなどして基本性能が向上している。

最高出力は145ps、最大トルクは380Nm。燃費性能は12.6km/L(WLTCモード)。駆動方式は全車4WD。

価格は391万3800円~447万2600円。

オフロードも走れるミニバンはこのデリカD:5だけ。エンジンはエクリプスクロスと同型の2.2Lディーゼルターボを搭載している
Tagged