トヨタ、2020WRC第6戦イタリアでオジエが総合3位でフィニッシュ

all 業界ニュース

2020年FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦ラリー・イタリア サルディニアの、競技最終日デイ3が10月11日(日)にサルディニア島のアルゲーロを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのセバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組(ヤリスWRC 17号車)が総合3位で、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(33号車)が総合4位でフィニッシュし、エバンスはドライバー選手権首位の座を、オジエは選手権2位の座を堅守した。

 

ラリー・イタリア サルディニアのデイ3では、サービスパークの北側エリアで2本のステージを、サービスを挟むことなく各2回走行。デイ2で総合2位となったオジエは、1.5秒差の総合3位につけるライバルと僅差のバトルを展開。最終のパワーステージで、オジエは3番手タイムを記録し、ボーナスの選手権3ポイントを獲得したが、総合2位の座を守ることはできず、トップと6.1秒差、総合2位と僅か1秒差の、総合3位でフィニッシュした。

 

また、デイ2で総合4位につけたエバンスは、8.5秒差に迫っていた総合5位のライバルとの差を拡げ、最終的には31.6秒差をつけて順位を守り、ドライバー選手権では首位の座を堅持。パワーステージでは4番手タイムを刻み、ボーナスの2ポイントを獲得した。

 

Tagged