ヤリスクロスは単なるヤリスの派生車にあらず SUV市場を一変させる大注目の存在

コラム・特集

先日世界初公開され、日本では今年秋に発売予定であることが明らかになったトヨタ「ヤリスクロス」。車名を見ればわかる通り、今年2月に発売されたコンパクトカー「ヤリス」をベースにしたクロスオーバーSUVだ。

その登場は以前から予測されていた通り。だが、普通のヤリスにパーツを付け、大径タイヤを履かせて車高をちょっと上げたナンチャッテSUVではなく、専用ボディを持つ正統派SUVとして登場したのは驚きだ。コンパクトSUVは今もっともホットな市場となっており、先行した「ライズ」も大いに人気を集めているが、このヤリスクロスはそれ以上に多くのユーザーからの支持を集めることとなりそうである。

2020年秋国内発売予定のヤリスクロス

ヤリスクロスは、2月から発売されているヤリスと同様に、TNGAプラットフォーム(GA-B)を採用。ボディサイズはヤリスと比べ全長240mm、全幅70mm、全高60mm、ホイールベース10mm拡大され、ヤリスは5ナンバー規格であったがヤリスクロスは3ナンバー規格となる。

・ヤリスクロス:全長4180×全幅1765×全高1560mm、ホイールベース2560mm(いずれも社内測定値)

・ヤリス:全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mm、ホイールベース2550mm※4WD、E-Four除く

パワーユニットは1.5L直列3気筒エンジンと1.5Lハイブリッドの2タイプで、いずれも駆動方式はFFと4WD(ハイブリッドはE-Four)が用意される。細かいスペックなどは公表されていないが、基本的にはヤリスと同じものの流用が想定されており、ハイブリッドではSUVトップクラスの低燃費性能となりそうだ。

ヤリスのように複雑なプレスラインはない

エクステリアは、「ロバスト(頑丈さ)」を表現し、アンダー部分とフェンダー周囲を樹脂製のクラッディングパーツで覆うなど、一般的なSUVの文法に則ったデザイン。塊感を強調したヤリス、やや前衛的スタイルを持つ兄貴分のC-HRとは対照的と言える。

水平基調のインテリアはヤリスと共通だが、メーター類のデザインが異なる

インテリアは、水平基調のダッシュボード、センター上部に置かれたディスプレイなどはヤリスと共通であるが、いくつか異なる部分も見受けられる。ヤリスのメーターは丸型の液晶を二つ並べ、その中央に4.2インチ液晶モニターを配置する意匠であったが、ヤリスクロスは一般的なデザインとなっている。加えて、サイドブレーキはヤリスの引き上げ式から、ヤリスクロスではボタンタイプの電子式になっており、RAV4のような走行モードが選択できるセレクターダイヤルもある。推察の域を超えないが、ヤリスクロスではACC(アダプティブクルーズコントロール)が全車速追従型となり、悪路の走行を想定した走行モードが用意されることを期待してしまう。

ホイールベースの拡大で後席の居住性はヤリスより良さそうだ

また、ヤリスは後席周りの狭さはネガとなっていたが、ヤリスクロスはホイールベースも延長されるため、居住性はヤリスクロスの方が良さそうだ。

▪️鉄壁のSUVラインアップが完成

ヤリスクロスの競合車に想定されるのは、ホンダ・ヴェゼル 、マツダ・CX-3、日本への導入が予定されている日産・キックスなど。このうちヴェゼルはベースとなるフィットがフルモデルチェンジされたので、近年のフルモデルチェンジが予想される。

サイズで一番近いのはCX-3だが、後席や荷室が狭く思いのほか販売も苦戦し、これを補完する存在としてマツダでは昨年CX-30が発売された。ヤリスクロスも後席の居住性や使い勝手など、SUVに求められる基本性能が満たされているかが購入の大きなポイントになるだろう。そういった意味では、5ナンバーサイズながら室内・荷室ともに必要十分で約200万円で購入できるライズは、ヤリスクロス最大のライバルになり得るかもしれない。

・ヴェゼル:全長4330mm×全幅1770mm×全高1605mm ホイールベース2610mm

ホンダ・ヴェゼル

・CX-3:全長4275mm×全幅1765mm×全高1550mm ホイールベース2570mm

マツダ・CX-3

・キックス(海外仕様)全長4295mm×全幅1760mm×全高1585mm ホイールベース2620mm

日産・キックス

・ライズ:全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mm ホイールベース2525mm

また、ヤリスクロスがライズとC-HRの中間を埋めることで、トヨタのSUVラインアップがより強固なものとなった。他社では多くてマツダの4モデル(CX-3、CX-30、CX-5、CX-8)だが、トヨタはBセグメントのヤリスクロスの登場によって、Aセグメントのライズ、CセグメントのC-HR、DセグメントのRAV4/RAV4 PHV、ハリアーに加え、本格クロカンのランドクルーザーとハイラックスまで揃う。この中にないのは、スズキ・ジムニーのような軽クロカン、三菱:デリカD:5のようなミニバン4WD、EV(電気自動車)ぐらいで、松竹梅どころかよりどりみどり選択できる鉄壁の布陣となった。

Tagged