カローラツーリングに搭載された最新「ディスプレイオーディオ」の魅力に迫る

コラム・特集

2019年9月17日にフルモデルチェンジで生まれ変わった新型カローラツーリング。国内トヨタ初となる「ディスプレイオーディオ(DA)」を標準搭載しました。

自分が使っているスマホでより手軽につながる“コネクティッドサービス”の登場によって、従来のナビ機能がオプション扱いになるなど、ユーザーの選択肢や販売面でも大きな変化を見せています。

本記事では、カローラツーリングに搭載された最新「ディスプレイオーディオ」で、スマホとクルマがより密接に繋がることでどんな体験ができるのか、その魅力に迫っていきます。

■新型カローラシリーズから搭載されたディスプレイオーディオとは?

カローラツーリングに搭載されたディスプレイオーディオ

ディスプレイオーディオとは、ナビ機能のないディスプレイがついた車載機で、標準機能として、AM/FMチューナー、Bluetooth(音楽を聞ける)、USB電源、Miracastに対応しています。
ナビ機能を使うためには、「Smart Device Link」(スマートデバイスリンク:SDL)というアプリが必要となり、スマートフォンとクルマを連携することで、対応アプリをディスプレイに表示させて使うことができます。

また、Smart Device Linkでは使えるアプリが限られるため、別途オプション(有料)でAndroid AutoとCarPlayにも対応させることが可能で、よりスマホライクな使い方も出来ます。

 

9インチのディスプレイオーディオ

ディスプレイオーディオの画面サイズは2種類、標準装備の7インチディスプレイ、オプションで選択可能な9インチがあります。実際に使ってみて9インチの方が画面が見やすく操作もしやすいです。初めての方はより大画面を選んだ方が、操作もしやすく使い勝手は良いかもしれません。

また、「スマホを持っていないとナビ機能が使えないので不安」という方には、トヨタ販売店で別途費用はかかりますが、オプションとして従来のナビと同等に使うことができるナビキットを装着することも可能です。

■ディスプレイオーディオはどんなことが出来るの?

ディスプレイオーディオでは常に最新の情報が受けとれる

ディスプレイオーディオを使うと私たちユーザーはどんな恩恵を受けることが出来るのでしょうか。クルマとスマホが繋がることで得られる最大の利点は、常に新しい情報を受け取れるということです。

今まではナビの地図更新が必要でしたが、販売店に行く必要なく、スマホアプリをアップデートするだけで良くなります。また、カレンダーの予定や着信履歴など、スマホ上の情報をディスプレイに表示することが可能です。

音声認識で行き先を検索できる

音声認識で行き先を検索したり、電話が出来る等の機能は従来ナビでも一部使えますが、スマホと連携することでより精度が増して快適に使いやすくなります。また、スマホに音楽を入れている人やサブスクリプション(定額サービス)を利用していれば、CDを入れ替える必要もないのも大きなポイントと言えます。

ディスプレイオーディオでクルマとスマホが繋がることで、今まで出来そうで出来なかったことが実現します。

■ディスプレイオーディオはAndroid AutoとApple CarPlayを使ってこそ魅力を発揮!

オプションでAndroid AutoとCarPlayにも対応(写真はApple CarPlay)

上記で、最新「ディスプレイオーディオ」がどういったものか、どんなことができるのかについて分かって頂けたのではないでしょうか。

ここでは筆者が実際に、新型カローラツーリングに乗って「ディスプレイオーディオ」を使ってみて、一体どう感じたのかをお話していきたいと思います。

まず結論から言うと、「Smart Device Link」だけではなく、「Android Auto」や「Apple CarPlay」を使ってこそ、ディスプレイオーディオの真の魅力が発揮されると感じました。

Android Auto・CarPlayを利用するには、約3万円の「TV(フルセグ)+Apple CarPlay+Android Auto」セットオプション申し込みが必要です。

「3万円もかかるの!?」とびっくりされる方もいるかもしれません。筆者も最初は驚きました。ただ、オプションを申し込まないとディスプレイオーディオの魅力は半減すると断言できます。

ガジェットライターの筆者からすると、「Smart Device Link」はあまりにも未完成で、使い勝手としては現状従来ナビに遠く及びません。特に、毎回ディスプレイとスマホをケーブルで繋いで、さらにBluetoothを繋がないといけない、というのは最も大きな欠点でスマートさに欠けます。

Android AutoとCarPlayについては、Bluetoothの接続はなく、スマホとディスプレイを繋げれば使い始められますが、正直に言うとスマホにケーブルを必ず繋げないといけないというのはスマートではありません。Bluetooth接続やWi-Fi接続、アプリ単体で繋ぐ、置くだけで接続といった方法も、技術的に出来るのではないでしょうか。

AmazonミュージックやSpotifyなどの一部サブスクリプションにも対応

さて、対応アプリこそまだ少ないですがAndroid AutoとCarPlayは使い勝手や操作性が快適です。スマホのホーム画面のように、画面をスワイプすることが可能です。Google Mapsなどのアプリや、AmazonミュージックやSpotifyなどの一部サブスクリプションにも対応しています。

上で挙げたようにケーブルで繋がなくてはいけないものの、接続や認識はとても速く、すぐに画面が切り替わってアプリを使い始めることが可能です。今後もっと色々なアプリに対応していくことを考えると、さらにスマホライクで使いやすさも向上していくのではないでしょうか。

Android AutoとCarPlayで使うディスプレイオーディオは楽しい

最新「ディスプレイオーディオ」は、筆者にとって、クルマの車載ナビが大きなスマホに変わったような感覚で、予想以上にワクワクさせてくれました。魅力的な反面、ユーザー配慮に欠ける仕様になっていることなどを考えるとまだまだ始まったばかりで、今後どんどん良くなっていく可能性を感じる部分でもあります。

筆者としては、Android AutoとCarPlayで楽しめるディスプレイオーディオは、最高だった。これに尽きます。「Smart Device Link」のみの仕様は、ユーザーを混乱させるだけではなく、今後のコネクティッドサービスについてのイメージ悪化に繋がり兼ねないのではないかと感じました。それほどに、筆者が「ディスプレイオーディオ」の魅力を語る上で、Android AutoとCarPlayの搭載は必要不可欠です。

是非、最新のAndroid AutoとCarPlayが使える「ディスプレイオーディオ」の魅力を知って、体験してみてください。

関連記事はこちら

[ちえほん]

ガジェットブログ×YouTube!ガジェット・スマホが大好きで日々最新のモノを追っています。外部ライターとしても活動中、国内の有名メディア等への寄稿もしております。

https://www.mobile-com.net/

Tagged