日産グローバル本社ギャラリーに、歴史をテーマとした「ヘリテージゾーン」を新設

業界ニュース

日産は、9月27日、日産グローバル本社ギャラリーに、「ヘリテージ(歴史)」をテーマにした新たな展示エリア「ヘリテージゾーン」を新設し、同日17時より一般公開を開始した。また、新ゾーンのオープニングを記念して、ヘリテージカーを大きくフィーチャーした期間限定の特別展示「日産ヘリテージ・ ウィークエンド・ミュージアム」を、9月30日(月)まで開催する。

 

今回、新たに開設した「ヘリテージゾーン」は、日産が創業以来培い、未来に受け継ぐ精神である「日産DNA」を解りやすく伝えるコンテンツを、心地よい雰囲気の中で楽しめる新しい空間となっているとしている。

 

特別展示「日産ヘリテージ・ ウィークエンド・ミュージアム」は、9月27日(金) 17時から30日(月) 20時まで、ヘリテージカーを大きくフィーチャーした期間限定のイベントで、過去最大規模となる、選りすぐりのヘリテージカー19台で構成される。28日(土)、29日(日)には、ヘリテージカーガイドツアーや、展示しているヘリテージカーへの乗り込み撮影、ヘリテージカーのデモンストレーション走行(雨天中止)などを実施する。また、期間中、ギャラリー内を撮影し、#NissanGallery とSNS(Twitter、Facebook および Instagram)に投稿した来場者には、日産グローバル本社ギャラリー10周年と、ヘリテージゾーンオープンを祝し、ヘリテージカークリアファイルをプレゼントする。

 

【「ヘリテージゾーン」 概要】

  • ヘリテージカー展示 : 数百台に及ぶ歴史車両コレクション「日産ヘリテージコレクション」から定期的に入れ替わる車両展示を楽しめる。

 

 

  • 220インチの壁面LEDスクリーン : 没入感のある高解像度の大スクリーンで貴重な歴史的動画コンテンツや、企画展示車の解説などを楽しめる。
  • コンテンツショーケース : その時々のテーマや切り口に基づいてストーリーを発信する企画展示コーナー。初回の展示は、同社が創業した1930年代にフォーカスしたストーリーで構成している。

 

 

  • ライブラリー : 自動車書籍や自動車雑誌バックナンバーを中心にセレクトした、自由閲覧の本棚。
  • モデルカーウォール : 100台以上のミニカーが美しく彩る、ユニークな大壁面。

 

 

  • アートウォール/グラフィックウォール : 名車のディテールを美しく切り取った画像が壁面を彩る「アートウォール」や、ヘリテージコレクションのガレージ内を再現したエスカレーター周りのグラフィック。

 

おすすめ記事

Tagged