オリックス自とNauto、「STOP! ながら運転・あおり運転キャンペーン」を実施

業界ニュース

オリックス自動車とNauto Japanは、全国の法人ドライバーの安全運転を推奨することを目的に、2019年12月1日から2020年3月31日までの間「STOP! ながら運転・あおり運転キャンペーン」を実施すると発表した。

 

今回実施するキャンペーンでは、スマートフォンなどを操作しながらの運転やあおり運転の危険性、従業員の安全運転管理などのノウハウをまとめた「企業の安全運転推進ガイド(デジタルブック)」と、注意喚起用の「STOP!ながら運転・あおり運転ステッカー」を無料配布する。さらに、期間中にNautoが開発したAIドライブレコーダー「ナウト」を新規で契約した企業を対象に、月額利用料金(4,500円/台)を3カ月間無料にする。

 

「ナウト」は、AI(人工知能)および通信機能を備えた二つの高性能小型カメラが車内外で発生する事象を検出・録画し、運転の危険度をリアルタイムに分析、運転者に警告音などで危険を知らせるドライブレコーダーで、運転中のスマートフォン使用によるわき見や、車間距離不足などを検知して警告音を発することで、運転者の安全運転をサポートする。オリックス自動車は、2018年にNautoと自動車リース会社としての独占販売契約を締結し、国内企業向けに「ナウト」の販売を開始した。

 

警察庁によると、携帯電話使用などによる交通事故件数は過去5年間で約1.4 倍、また内閣府調べでは、車間距離保持義務違反の取り締まり件数も過去5年間で約1.4 倍に増加しており、“ながら運転”や“あおり運転”は社会問題となっている。こうした背景の中、“ながら運転”は2019年12月1日から厳罰化され、“あおり運転”についても法改正ならびに厳罰化が検討されている。オリックス自動車とNautoは、今後もおのおのの強みを融合しながら、法人客を中心に、自動車を運転する人々の安全に役立つサービスを提供していくと述べている。

 

【「STOP! ながら運転・あおり運転キャンペーン」概要】

◆実施期間:2019年12月1日~2020年3月31日

◆参加方法:特設ウェブサイトよりアンケートに回答。※車両保有台数10台以上の法人に限る。

◆特設ウェブサイト:https://www.stop-distracted-driving.com/(2019年12月1日から開設)

◆特典:

  1. 「企業の安全運転推進ガイド(デジタルブック)」
  2. 「STOP!ながら運転・あおり運転ステッカー」(1企業あたり上限100枚)
  3. 上記期間中に「ナウト」新規成約で月額利用料(4,500円/台)3カ月分無料