日産、LGBTへの取り組みを評価する「PRIDE指標」で最高ランク「ゴールド」を3年連続で受賞

業界ニュース

日産は、任意団体「work with Pride」が策定した企業のLGBTなどの性的マイノリティに関する取り組みへの評価指標「PRIDE指標」において、17年度から3年連続となる最高ランクの「ゴールド」を受賞したことを発表した。

 

「PRIDE指標」とは、職場におけるLGBTに関する取り組みの評価指標であり、LGBTの人が働きやすい職場づくりの具体的な施策を社会に広めることを目的に設立された任意団体「work with Pride」が2016年に策定したもの、PRIDEの各文字に合わせた5つの指標[①Policy(行動宣言)、②Representation(当事者コミュニティ)、③Inspiration(啓発活動)、④Development(人事制度・プログラム)、⑤Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)]の総合点に応じて、ゴールド、シルバー、ブロンズの3段階で評価・表彰される。第4回目を迎えるPRIDE指標2019では、応募企業の達成度の高い項目の加点方法の見直しがあった。

 

 

日産の社内の取り組みとしては、全従業員向けLGBT e-LearningやLGBTセミナー等の社内啓発活動を定期的に実施してきたこと、本年8月1日から結婚事由により取得する休暇制度及び結婚祝金の支給を同性婚及び事実婚にも適用開始したこと、社外の取り組みとしては、アジア最大級のLGBTイベント”東京レインボープライド”に17年度から協賛出展、本年度は初の単独出展したことなど、社内外における継続的な取り組みが「ゴールド」受賞に繋ったとしている。日産は、これからも、社員一人ひとりが自分らしく、活き活きと働ける職場づくりを推進していくと述べている。

 

 

おすすめ記事

Tagged