タイムズ24、富士急ハイランドのフリーパスと「タイムズカーシェア」の24時間利用券をセットにした商品の販売を開始

業界ニュース

タイムズ24と富士急ハイランドは、富士急ハイランドのフリーパスとカーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」の24時間利用券をセットにした商品の販売を、9月18日(水)より開始した。

 

タイムズ24は、展開するカーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」の拠点・配備車両の拡大を図るとともに、様々な施設と提携し、会員に外出先の提案を積極的に行なっており、また、富士急ハイランドでは、富士五湖エリアのさまざまなコンテンツと自由に組み合わせて、これまで以上に富士山観光の楽しさ、素晴らしさを伝えたいという思いから、昨年7月より入園料を無料化し、従来の遊園地の枠を超えた開かれた施設にするなど、新たな取組みを推進している。

 

両社は、タイムズカーシェアでの訪問先として富士急ハイランドの人気が高いことから、オトクな価格で、より長い時間・より快適に楽しむことができる商品を開発するに至ったと説明している。

 

今回開発された商品では、タイムズカーシェアにラインアップされているコンパクトカー、ワンボックスカー、輸入車の中から、同乗者の人数や用途に合わせて自由に選択することが可能となっているほか、タイムズクラブ(入会金・年会費無料のポイントプログラム)の「タイムズポイント」を当商品の購入代金に充当したり、「ドライブチェックイン」の利用で電子優待券が付与されたりするなど、他サービスとの併用することも可能となっている。

※タイムズポイントとは、タイムズカーシェア予約時に、対象施設を行き先として設定し、現地でクルマを一定時間とめると、タイムズカーシェアで利用可能な電子優待券が付与されるサービス。富士急ハイランドの場合、60分の駐車で「カーシェアeチケット60分」が付与される。

 

タイムズ24と富士急ハイランドは、今後も目的地と移動手段を連携させたサービス開発により、外出のキッカケとなるサービスの提供に取り組んでいくと述べている。

 

【タイムズ24と富士急ハイランドの主な商品開発内容】

  • 利用券  :過去にタイムズカーシェアで富士急ハイランドを訪れた人の平均利用時間が18時間程度であることから、利用券を24時間にすることで、長時間の滞在を可能にした。
  • フリーパス :入口付近の発券機に当商品の購入により発行されるQRコードをかざすことで、即座に発券される仕組みを採用。窓口に並ぶことなく、快適な入場を可能にした。

 

【タイムズ24と富士急ハイランドの商品概要】

◆販売開始:2019年9月18日(水)

◆価格(全4種):

  1. フリーパス大人2枚+24時間利用券 ¥17,820(税込)
  2. フリーパス大人3枚+24時間利用券 ¥22,340(税込)
  3. フリーパス大人4枚+24時間利用券 ¥26,870(税込)
  4. フリーパス大人2枚小学生1枚+24時間利用券 ¥21,210(税込)
    ※10月1日購入分より、タイムズカーシェアの料金改定に伴い、販売価格が変更となる。販売価格については下記販売サイトより確認。

◆有効期限:購入日から30日間

◆販売サイト:https://share.timescar.jp/campaign/fujiq201909/

◆その他:キャンセル不可

おすすめ記事

Tagged