【ワンダー速報】マイナーチェンジしたスバル・インプレッサ(D型)に試乗!3年目の進化の実力は?

試乗レポート

2019年11月に、2016年のデビューから3年目でマイナーチェンジを行ったインプレッサのハッチバック「インプレッサスポーツ 2.0i S EyeSight AWD」に試乗してきました!

私は2016年のデビュー当時と、2017年の年次改良でB型になったインプレッサのレポートは何度もお届けしていましたが、それ以来久しぶりの対面です。

■エクステリアはフロントマスクがスッキリと

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアにも変更がありました。

グリルを縁取るメッキラインがなくなってスッキリとしたプレーンな印象に変わり、さらにバンパー下部のデザインも開口部が広くなって、よりワイド感が強調されました。

LEDアクセサリーライナーのツブツブ感もなくなり、全体的にシンプルにスッキリした顔つきになった印象です。

 

18インチアルミホイールのデザインも新意匠に変わっていますが、個人的には前期型のほうがアウディっぽいデザインで好みでした。

リアビューは特に変わったところも無いですが、全体的にスッキリと化粧直しをした新型インプレッサは、まさにスバルらしい質実剛健さを正常進化させたマイナーチェンジですね。

新意匠になった18インチホイール。

■インテリアは装備充実

今回のマイナーチェンジでは内装のデザイン自体には変更ありません。

2016年にデビューしたインプレッサからは、内装の質感は大幅に向上したので、以前のような「スバルは内装がなぁ…」的なネガティブな印象は払拭されています。

むしろ、ライバルに対しても質感面でも良いと思える部分も多々あります。

ダッシュボードもステッチ付きのソフトパッドになっているし、ニーパッドもステッチ付きソフトパッドなのは、輸入車以上とも思えます。

今回のマイナーチェンジではインテリアデザインに変更はないが、デビュー当時から質感も良くなったインプレッサの内装は使い勝手も良好。

さらに、ダッシュボード上部にあるマルチファンクションディスプレイも、ヘッドアップディスプレイ代わりには表示される情報も多く切り替えもできて高機能。

メーター周りは4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイとオーソドックスですが、ナビ画面・マルチファンクションディスプレイ・マルチインフォメーションディスプレイと、3つの画面があるインフォテイメントシステムに関しては、ライバルよりも表示できる情報が豊富で好印象です。

 

ただ、メインのナビ画面の解像度は最近のライバルメーカーのものに比べると粗く感じます。

また、車載通信端末は非搭載なので、昨今では軽自動車にすら装備されるようになってきたSOSコールなども無く、コネクテッド系は弱いです。

8インチのナビ画面はライバル勢に比べると解像感やグラフィックが粗い印象。

一方、装備面で感心したのが、パワーシートが運転席だけじゃなくて助手席もパワーシート完備な点。

ゴルフはハイラインでも手動、MAZDA3は運転席だけ、RAV4でも運転席だけ、というのを知っているので、インプレッサのこの価格で運転席・助手席パワーシートは驚きました。

さらに今回のD型へのマイナーチェンジで、運転席はシートのポジションメモリーにも対応!

インプレッサは同クラスとしては珍しい運転席・助手席ともにパワーシート。しかも今回のマイナーチェンジで運転席にはポジションメモリー機能も追加された。

細かい部分では、ルームランプやナンバー灯、ウインカーなどが豆球だったり、スイッチやパネルの樹脂の質感がいまいちだったりと、惜しい部分もあります。

こういう部分のデザインや質感が向上すれば、輸入車などからの乗り換えを検討するユーザーも増えると思うのですが。

内外装のインプレッションは以下の動画でも確認できます!

■走りは初期型のハードな印象からマイルドな乗り味へ

2016年にデビューした現行型インプレッサですが、スバルのグローバルプラットフォーム「SGP」が初採用されたモデルでもありました。

私は以前、B型に年次改良した2017年には試乗もしましたが、骨太で重いステアフィールはドイツを彷彿とさせる乗り味で驚いたものです。

しかし、今回マイナーチェンジしたD型に試乗して感じたのは、B型で感じていた重い操舵感は影を潜め、軽くなったステアフィールでした。

軽めになったにもかかわらずクイックなステアフィールなので、ちょっとステアを切っただけでもノーズが方向を変えるのには驚きました。ただ、高速域でもちょっと切っただけでもノースが向きを変えるので、しっかり握っていなければという印象もありました。ですので、高速域はステアに対する応答性はもっとどっしりゆったりしていても良いかもと思います。ただ、これは好みの問題と、慣れで解決する部分だと思います。

■アイサイトツーリングアシストを試す!

高速を走っていたので、せっかくなので新しくなったアイサイトツーリングアシストを試してみました。

もともとステレオカメラでの制御としては先進的だったスバルのアイサイトですが、今回のアイサイトツーリングアシストでは白線が無い道でも前車を追従して道の中央を走ってくれるという機能にアップデートされているとのこと。

実際に試してみましたが、挙動は自然で白線中央を維持するようステアリング制御も行っていて安心感はありました。

トヨタ系のレーントレーシングアシストよりもしっかり車線を維持してくれているどっしり感があり、アイサイトツーリングアシストを使用していない時の軽い操舵感よりはこちらのほうが安心感がありましたね。

高速では常にアイサイトツーリングアシストをONにして走っても良いかもと思えるほど。

車線が無くなるようなシーンでは試せませんでしたが、アイサイトツーリングアシストを使ったアダプティブクルーズコントロールの制御は精度も高いように感じました。

今後スバルは自社でのアイサイトの開発を中止するとの話もあります。

アイサイトという自社ブランドの製品が無くなってしまうのも寂しい気がしますが、今後のスバルの自動運転系の技術がどうなるのか注目ですね。

試乗インプレションは以下の動画でも確認できます!

このほかのワンダー速報の記事はこちら

 

 

 

[ドラヨス]
月間100万PVのブログ「ワンダー速報」と、月間100万再生以上のYouTubeチャンネル「ワンソクtube」の管理人。
クルマ買うチューバーを自称し、年に何台もクルマを購入してレビューするスタイルが好評。

ワンダー速報ブログ:http://drumsyos.blog.fc2.com/

Tagged