アルパイン、後部座席で映像や動画が楽しめる「ヘッドレスト取付け型リアビジョン」を始めとした新製品を発表

自動車関連用品

アルパインと、その国内マーケティング部門であるアルパインマーケティング株式会社は、後部座席で映像や動画が楽しめる「ヘッドレスト取付け型リアビジョン」を始めとした新製品を発表し、10月中旬より順次、全国のアルパイン製品取扱店にて販売を開始することを発表した。

 

【アルパイン新製品ラインアップ】

<SXH10ST> ヘッドレスト取付けタイプ10.1型リアビジョン

  • 10.1型WXGA LEDクリアハードコート液晶ディスプレイ
  • ハイ/ミドルモニターポジション選択可能
  • ヘッドレストシャフト幅90mm~155mm対応
  • 10.1型モニター2個セット(HDMI分配BOX/モニター用HDMIケーブル付属)
  • オープン価格、2019年10月中旬発売予定

 

<SSA9ST> ヘッドレスト取付けタイプ9型リアビジョン

  • 9型WSVGA LED液晶ディスプレイ
  • ハイ/ミドルモニターポジション選択可能●ヘッドレストシャフト幅90mm~155mm対応
  • 9型モニター2個セット
  • オープン価格、2019年10月中旬発売予定

 

<SSA9S> ヘッドレスト取付けタイプ9型リアビジョン

  • 9型WSVGA LED液晶ディスプレイ
  • ハイ/ミドルモニターポジション選択可能
  • ヘッドレストシャフト幅90mm~155mm対応
  • オープン価格、2019年10月中旬発売予定

 

<KCU-Y63HU> トヨタ車用ビルトインUSB/HDMI接続ユニット

  • ケーブル長:1.75m
  • 標準小売価格¥8,500(税・取付費別)2019年10月中旬発売予定

 

【新製品の主な特徴】

・ヘッドレストに取付け、後部座席でエンターテイメントが楽しめる

車両のヘッドレストに取付けることで、後部座席で映像や動画を楽しむことが可能。

・10.1型にはクリアハードコート液晶を採用

鮮やかな発色と質感ある映像を実現。SXH10STには光沢あるクリアハードコート液晶の採用により、映像の発色と質感を向上している。

・大画面10.1型と9型をラインアップ、各々にモニター2個セットも設定

10.1型の大画面と9型画面をラインアップ。各々にモニター2個セットも設定し、後席にモニター2個を装着することで、左右別々の映像を楽しむことが可能となっている。

おすすめ記事

Tagged