【気軽にボートフィッシング】アジの名所だが、カサゴも狙い目・走水港沖(神奈川県)

レジャー アウトドア

ほぼ1年中アジが釣れることで有名な走水港沖。人気と実績の高い斎田ボートが一番お勧めだ。P代は1日1台500円。1隻2人乗りで4000円。

数年前に竣工した沖堤防の沖側のポイントAはサビキ釣りでアジを狙っていると不思議にカサゴが数釣れる。ピンクスキンかサバ皮のサビキが高実績。濁り潮ならピンクスキンがオススメだ。夏から秋口にはイナダもかかるためハリスは3~4号が理想。オモリ号数は潮の流れにもよるが30号か40号で問題ないはず。水深は20m前後だが良型アジの群れが回遊してくれば大漁も夢ではない。

赤灯台ではなく、その右側の低い沖堤防が新しくできた堤防

波風が弱い日なら少し遠いポイントBを狙いたい。根周りにアンカーを投入できればアジやカサゴ、メバルも釣れる。根魚をメインに釣りたいならサバの切り身を準備しよう。根際を探れば全長25cm級も釣れるから侮れない。9月過ぎには青物も回遊するため、コマセカゴを付けた天秤仕掛けでハリス4号で専門に狙ってみるのも楽しい。全長40cmオーバーのイナダやカンパチがかかる事もあり魅力は尽きない。付餌はオキアミで十分だ。

東京から来るには首都高速横羽線経由で横浜横須賀道路の狩場インターから入り、終点の馬掘海岸で降りて右折して直進する。右坂の登りカーブを降りたら左手に漁協駐車場があるので止める。店舗はすぐ右手に斎田ボート(TEL0468-41-0674)がある。前日までに電話予約を入れてボート出航可能かどうかを必ず確認すること。 

 

【梅澤克博】

神奈川県藤沢市出身。江ノ島の近くに生まれ育ったためか、小学校4年生の頃から海釣りを経験。2歳上の兄と自宅近くの池でフナ釣りをしたりアメリカザリガニを捕ったのはもっと小さい頃から。中学生時代にイシダイ釣りにハマるが、外道のウツボや良くてカサゴ程度に終わる。大学時代は創部60年以上の歴史を持つ釣り部に入り、磯釣りに没頭する。大学卒業後はトヨタ系ディーラーのセールスマンを経て自動車関連の業界誌記者に転身。その後編集プロダクションを設立。「関東周辺防波堤釣り場ガイド」等を手掛ける。最近は陸っぱりの釣りは完全に仕事になってしまったため、プライベートでは手漕ぎのボート釣りを楽しむ。動画でもレポートする「うみつりネット」も運営中。

Tagged