【気軽にボートフィッシング】秋から青物やカワハギが高実績・多賀戸又港(静岡県)

レジャー アウトドア

熱海港と網代湾の間にある多賀戸又港にあるのが多賀釣具ボート店(TEL0557-68-4711)。網代に比べて人気度はやや低いが、魚影は濃く魚種も多彩だ。9月から青物やカワハギが
高実績で手漕ぎボートの釣りエリア内では、水深40~50m前後で甘鯛も釣れるから侮れない。

ポイントAは浅い岩礁帯でカワハギの好ポイントである。目印は3棟並びの高層マンション。中央付近でも良いが、秋口はまだ浅い場所を広く回遊するためポイントを移動しながら釣ることが要求される。根がかりが多い場所のため仕掛けやオモリの予備は多めに持参しよう。面倒でもアンカーを投入した掛かり釣りで狙うこと。ゲストにはベラ類やキタマクラも混じる。

3棟並びのマンションが目印

ポイントBは水深40~50m前後の砂地帯。オモリ50号程度でアマダイやイトヨリが釣れる貴重なポイント。電動リールを使わずに小型両軸リールで狙える。アンカーは投入せずに流し釣りで釣ればアタリも多く、確実に釣果を延ばせる。仕掛けは肩天秤にハリス3号2mの2本針にオキアミの1匹付けでOK。誘い方は簡単。オモリが着底したら1mリールを巻き上げて、1m前後の上下動で食ってくる。5分に1回は底ダチを取り直して、アタリを待つと良い。

多賀釣具ボート店では船外機ボートのレンタルもできる。駐車場は一人1台は無料。トイレは店舗近くに設置されている。港内のスロープからボートを出せられるので安心安全でもある。

東京から来るには東名高速・厚木インター経由で小田原厚木道路に入り、小田原インター下車で海岸線の真鶴道路に入り、国道135号線で熱海を越えるとすぐに多賀に入る。戸又港は長い下り坂の下にある港。右カーブの手前左手に入り口がある。なお、多賀釣具店に虫餌はない。

 

【梅澤克博】

神奈川県藤沢市出身。江ノ島の近くに生まれ育ったためか、小学校4年生の頃から海釣りを経験。2歳上の兄と自宅近くの池でフナ釣りをしたりアメリカザリガニを捕ったのはもっと小さい頃から。中学生時代にイシダイ釣りにハマるが、外道のウツボや良くてカサゴ程度に終わる。大学時代は創部60年以上の歴史を持つ釣り部に入り、磯釣りに没頭する。大学卒業後はトヨタ系ディーラーのセールスマンを経て自動車関連の業界誌記者に転身。その後編集プロダクションを設立。「関東周辺防波堤釣り場ガイド」等を手掛ける。最近は陸っぱりの釣りは完全に仕事になってしまったため、プライベートでは手漕ぎのボート釣りを楽しむ。動画でもレポートする「うみつりネット」も運営中。

 

Tagged