都心からのアクセスも良好な「高滝湖グランピングリゾート」 廃校をリノベーションした新たなグランピング施設が誕生!

レジャー アウトドア イベント

千葉県市原市の高滝湖の湖畔に、廃校をリノベーションしたグランピング施設「高滝湖グランピングリゾート」がオープンした。この施設は、市の遊休資産となっていた小学校の校舎を管理棟や浴室としてリニューアルするとともに、校庭にはドームテントなど3種類のテントで24サイトを造成。高滝湖湖畔の自然を感じながら、快適に過ごすことができるグランピング施設として整備された。

校舎内は改装によって家庭科室はフロントへ、職員室や校長室、保健室などは浴室やトイレへに変貌。カリフォルニアテイストの内装などが、リゾート感と開放感のある空間を演出している。

宿泊スタイルは、ドームテント、クリアドームテント、ベルテントの3種類から選べる。

​かまくらのようなフォルムを持つ直径6mの大型ドームテントには、エアコンや冷蔵庫、ACコンセントを完備。季節問わず1年中快適に過ごすことが可能となっている。

非日常感を楽しめるクリアドームは、夜空を眺めるには最適。カーテンも備えられ、プライバシーにも配慮されている。

テントのサイド部分が立ち上がってベル(鈴)のような形が特徴のベルテントもあり、エアコンも完備する。

さらに、ドッグランやペットも一緒に泊まれるテントをベルテントに1棟、ドームテントに3棟の計4棟用意する。キャンプファイヤーは毎夜開催(荒天中止)され、家族や友人と炎を囲んでキャンプならではの時間を楽しめる。

夕食は地元野菜や千葉県ならではの魚介を使ったBBQメニューを用意。もちろん食器・器具も施設にあるので、手ぶらで訪れてOK。

さらに、職員室を改修した貸切風呂は4室あり、キャンプをしながら温泉気分も味わえることもこの施設の魅力だ。

また、非接触式の食材BOXを導入し、利用者の都合に合わせて受け取りができるほか、タブレット型のスマートチェックインシステムを導入するなど、感染症対策も行われている。

【施設概要】
施設名:高滝湖グランピングリゾート
所在地:千葉県市原市養老1012-1
テントサイト数:24室
施設内容:管理棟、貸切風呂4室、男女別シャワー室、トイレ、ドッグラン、遊具エリア
開業:2021年4月20日
URL:https://www.takatakiko-glamping.com

Tagged