トヨタ、WEC 2019-2020年シーズン 第8戦(最終戦)バーレーンで1-2フィニッシュ コンウェイ/小林/ロペス組がWECドライバーズチャンピオン獲得

all 業界ニュース

FIA世界耐久選手権(WEC)の今季最終戦となる第8戦バーレーン8時間レースがバーレーン・インターナショナル・サーキットで11月14日(土)に行われ、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 7号車が優勝し、コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス組のTS050 HYBRID 7号車が2019-2020年シーズンのWECドライバーズチャンピオンを獲得。8号車は2位に入り、TS050 HYBRIDにとってのラストレースを1-2フィニッシュで締めくくった。

 

今回のバーレーン8時間レースは、2台のTS050 HYBRIDによる、レースの勝利とワールドチャンピオンをかけての争いとなり、7号車は8号車に対し1周あたり0.54秒のサクセス・ハンディキャップを得て有利な状況での勝負となった。

 

コンウェイがスタートを担当した7号車は首位を守り、小林、ロペスへとドライバーを交代しながら着実に後続を引き離す展開となった。レースが半分を過ぎた頃7号車と8号車の2台の差は75秒ほどに開いてたが、ピットレーン入口の破片除去のためにセーフティカーが導入されると差が一気に縮まり、その後ロペスからコンウェイへと交替した7号車は再びリードを拡げた。

 

レース残り2時間の時点で、2台のタイム差は30秒ほどとなっていたが最後の1時間ではその差は1分に広がり、最終ドライバーを担当した小林がそのままトップでフィニッシュし、7号車の3人が世界チャンピオンを獲得した。8号車は中嶋が2位でチェッカーを受け、5ポイント差でランキング2位となった。

 

なお、チームは来年3月19日に開催されるセブリング1000マイルレースでのデビューに向けて、新たなハイパーカー規定に則った車両での耐久テストを今後数ヶ月間にわたって行う予定としている。

 

レース優勝に際し、トヨタ自動車株式会社 代表取締役社長 豊田章男氏は以下の通りコメントした。

 

<コメント全文>

マイク、ホセ、可夢偉、最終戦の優勝そしてチャンピオン獲得おめでとう!セブ、ブレンドン、一貴も、TS050 HYBRIDのラストレースを無事に走りきり、ワンツーフィニッシュをしてくれてありがとう!

 

かつて、世界耐久選手権でのトヨタはシルバーコレクターと言われ続け本当に悔しさの連続でした。その悔しさを、なんとしても晴らしたいという想いで2016年に走り始めたのがTS050 HYBRIDというクルマです。しかし、その最初の年のル・マン。優勝目前でこのクルマは止まってしまいました。本当に悔しい想いをしました。ドライバー達にもとんでもなく悔しい想いをさせてしまいました。

 

翌年、2017年。可夢偉がこのクルマの速さを証明してくれました。今も残るル・マンの3分14秒791というサーキットレコードです。しかし、決勝で完走できたのは3台中1台だけ…、このクルマは速くは走れましたが、強くは走れませんでした。2018年、やっとル・マンの道をトップで走りきることができました。そして、2019年、2020年とル・マン3連覇を果たすことができました。5年の月日をかけて、やっと、ドライバーたちに思い切って走ってもらえるようなクルマに成長させることができました。

 

ただ、ル・マンを勝ったのは3回とも一貴やセブたちの乗る8号車でした。ホセ、マイク、可夢偉の乗る7号車には、毎回なにかしらのトラブルを出してしまいずっと彼らに悔しい想いをさせてしまっていました。正直に言って、ずっと、このことは気がかりでした。今回、このクルマの最後のレースでは7号車が勝利を手にしました。そして、最後の年のチャンピオンを7号車が獲ってくれました。3人の笑顔を最後に見れたこと本当によかったです。ホッとしました。

 

これで安心して、このクルマを引退させることができます。そして、ラストレースでのワンツーフィニッシュとチャンピオンを獲ったドライバーたちの笑顔が、次のクルマへの”良いタスキ”になりました。気持ちよく次のクルマでの戦いに向かっていけます。TS050 HYBRIDは34回のレースを戦い、16回のポールポジション、15回のファステストラップ、そして19回の勝利を飾ることができました。このクルマを走らせてくれたドライバーたち、エンジニア、メカニックのみんな、サポートいただいた皆さま、そして、応援いただいたファンの皆さま、本当にありがとうございました。

 

来シーズン、新しいクルマに変わります。しかし、ドライバーたちに、もっと安全に、もっと安心して、そして、もっと思いっきり走れる…、そんな”もっといいクルマ”にしていきたいという気持ちは変わることはありません。皆さま、引き続き、TOYOTA GAZOO Racingにご期待いただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

追伸
可夢偉へ
表彰台で一人だけシャンパンの栓が抜けず、かけられるだけになってましたね。シャンパンの栓の抜き方を忘れちゃったのかと心配になりました(笑)来シーズンからは新しいクルマで走ってもらいます。シャンパンの抜き方を忘れるなんてことのないクルマを用意するつもりです。期待して待っていてください!

Tagged