【ワンダー速報】軽自動車の新しい価値感!ダイハツ新型タフト試乗しました!

試乗レポート

2020年6月にデビューしたダイハツの新型軽自動車SUV「タフト」。SUV風の軽自動車と言えばスズキのハスラーが思い浮かびますが、ハスラーとは全く別のコンセプトのクルマになっていました。

試乗車はタフトのGターボ(FF)で価格は1,606,000円となります。個性の塊、タフトの魅力に迫ります。

■角張ったデザインが個性的!

タフトのエクステリアはすべてが四角基調となっていて、丸基調のハスラーとは全く別のコンセプトになっています。

試乗車はフォレストカーキメタリックというミリタリー感のあるグリーンのボディカラーで、更にフロントグリルやリアガーニッシュにメッキパーツが付くメッキパック(4.1万円)が装備されていたので、小さな戦車のような迫力がありました。

ハスラーというより、軍用車のようなタフさのあるデザイン。

ヘッドライトもデイライト機能があるポジションランプやLEDフォグランプ、さらにアダプティブハイビームまで備えたヘッドライトなど、軽自動車とは思えない豪華な装備となっています。

サイドから見ると、リアドアの下の部分にエアダクトのようなダミーのパーツが付いていたり、さらに太めのBピラーが斜めに降りてくるデザインになっていたりと、ここでも軍用車にも見えるデザイン処理がされています。

さらにユニークなのが、ルーフの後ろ半分にだけルーフレールが装着されています。

前方部分にないのは、そこにスカイフィールトップというサンルーフがあるからですね。

軽自動車でルーフレールが標準装備になっているのも珍しいので、これもまたタフトの個性の一つとなっています。

ルーフレールが後部にのみ付いているのもユニーク。

■インテリアにはギミックがいっぱい!

続いてはインテリアですが、ドアトリムはフロントもリアも総ハードプラと、質感には割り切りを感じますが、タフに使うクルマだと思えばハードプラもキャラクターに合っているとも言えます。

インテリアデザインもスクエア基調になっており、オレンジ色に塗装されたエアコンの吹出口もすべて四角形。

軽自動車としては珍しく張り出したセンターコンソールとなっており、そこに電動パーキングブレーキとブレーキホールドが備わっていました。

ついにダイハツでも電動パーキングブレーキが初採用されましたね。しかもロッキーなどの普通車ではなく軽自動車のタフトからというのも気合の入りようが伝わってきます。

 

そして特筆すべきは、全車標準装備となっているスカイフィールトップと呼ばれるパノラマルーフです。このスカイフィールトップは開閉こそ出来ませんが、軽自動車にサンルーフなどが装備されるのはかなり稀となっていて、しかも面積も大きめなのがポイント。

立たされたAピラーのおかげでルーフが運転席よりも前方まで伸びていることで、スカイフィールトップのシェードを開ければ、運転席の斜め前方まで空が広がります。

従来のサンルーフは、後席の人には空が見えても、運転席や助手席の人は前しか見えないのであまり恩恵はなかったですが、このスカイフィールトップは運転席の斜め情報までサンルーフが来るので、ドライバーでも空が見えるのは感動でもありました。

まるでオープンカーに乗っているかのようです。

スカイフィールトップは運転席の斜め上までカバーするので、ドライバーでも空が見える。

 

内外装は以下の動画でもインプレッションしています。

 

■後席やラゲッジは割り切りも

ギミック満載の前席ですが、後席はあまり特筆するところもありません。

足元の広さは十分ながら、FFでもセンタートンネルが張り出していたり、折りたたみを前提としている後席はシートバックが不足しています。

後席はセンタートンネルの張り出しが気になる。

ラゲッジスペースもフロア高が高く、荷室容量も広いとは言えません。

ラゲッジボードや後席シートバックは防汚加工されていて汚れ物を積むには適していますが、後席を倒しても荷室の奥行きは短め。

車中泊などは出来なそうです。

ラゲッジスペースは正直狭い。
■走りはトルクフル!ACCも全車速対応など軽自動車の枠を超えた出来

タフトGターボに試乗してみると、まず驚かされるのはトルクフルな発進加速です。これが軽自動車なのか?と驚くほどグイグイと加速し、そして乗り心地も軽自動車離れした良さがあります。

ただし、軽いステアフィールに対して豊かなトルクのせいか、ややトルクステアかと思えるようなグニグニとした手応えで、街乗りでは違和感を覚えました。しかしそれも高速域では感じなくなりました。

トルクフルな走りは軽自動車離れしている。ステアフィールにはやや違和感が…。

タフトには電動パーキングブレーキとブレーキホールドが採用されたおかげで、アダプティブクルーズコントロール(ACC)も全車速追従タイプで停止保持もできるようになりました。

さらに60km/h以上での同一車線維持支援のステアリング制御も加わるなど、まさに普通車以上と思える装備が付いています。

軽自動車の枠を超えた充実した装備の数々に、ファーストカーとして選ぶのもアリかもと思える良さがありました。

気になる方は、お近くのダイハツのお店で試乗されてみてはいかがでしょうか。きっと軽自動車以上の出来を感じるはずです。

 

 

 

 

このほかのワンダー速報の記事はこちら

[ドラヨス]
月間100万PVのブログ「ワンダー速報」と、登録者数11万人、月間420万再生以上(2020年8月10日現在)のYouTubeチャンネル「ワンソクtube」の管理人。
クルマ買うチューバーを自称し、2か月に1台のペースでクルマを購入してレビューするスタイルが好評。

ワンダー速報ブログ:https://wansoku.com/

Tagged