【ワンダー速報】新型アコードが日本で売れない4つの理由。乗らなきゃ良さはわからない!それだけに惜しい…

試乗レポート

北米では2017年から販売され、2018年の北米カーオブザイヤーまで受賞した10代目新型ホンダ・アコードが、日本では2020年2月から販売開始されました。

海外では売れまくっているアコードですが、日本では販売は奮わない現状となっています。試乗してわかったその理由を考察します。

■日本で売れない理由①サイズが大きくなりすぎた

まず第一に、アコードというブランドネームからすると、巨大になりすぎたボディが日本の住宅事情にマッチしていないというのが挙げられます。

全長4,900mm×全幅1,860mm×全高1,450mm、ホイールベース2,830mmというボディサイズは、かつての5ナンバーサイズのアコードの面影はなく、クラウンよりも大きくなってしまいました。

私も以前、6代目のアコードSiRに乗っていましたが、その頃から比べると全長で約27cm、全幅で16cmも大きくなっているんですよね。

大きくなりすぎたボディサイズだが、伸びやかで美しいスタイリングを手に入れた。

なので昨今のアコードを見ていると、インスパイアとかのブランドネームのほうが日本ではマッチするんじゃないかと思えるほど、車格も大きさも上方へシフトしています。

北米ではトヨタ・カムリとガチンコ勝負のアコードですが、カムリもほぼアコードと同じサイズまで大きくなっています。

ただ、ひとつ異なるのが、カムリは全幅を1,840mmに抑えているのに対し、アコードは20mm広い1,860mmとなっています。マンションなどの一般的な駐車パレットの最大幅である1,850mmを超えてしまっているので、それ故に買えないユーザーも居ると思われます。

 

本来なら先代までのアコードユーザーの買い替え需要もあるはずですが、マンション住まいでは諦めざるを得ない場合も多いはず。そもそも高齢化が進むセダンオーナーが、更に大きくなったアコードを乗り回すのには精神的な障壁も多いと思われます。クラウンは日本専売なので全幅も1,800mmに抑えるなどの工夫が見られます。

日本市場を捨てて大型化したアコードですが、それ故に伸びやかでシャープなエクステリアを手にしました。

その美しさは日本車離れしており、アウディA7あたりを見ているかのよう。それもまた北米では支持されている要素なんでしょうね。

4ドアクーペを思わせる流麗なスタイルは魅力的。

■日本で売れない理由②価格に対する内装の質感

続いては内装ですが、ホンダは高級路線のクルマのインテリアデザインが苦手なように思えるほど、アコードやレジェンド、オデッセイなどはライバルに対して見劣りしてしまいます。逆に、N-BOXやフィット、フリードなどのコンパクトに関してはライバル以上の良さを感じるのですが。

内装はオーソドックスすぎる感と、価格に対する質感不足は感じる。これが300万円台なら納得もできるが…。

水平基調でシンメトリーなデザインは実にオーソドックスで、木目調パネルなども古臭い印象です。デビューが2017年と3年の遅れがあるから仕方ない部分もありますが、上級セダンとしては8インチのナビ画面などは小さく感じますし、無塗装素地のインパネ周りも素っ気ない印象です。

これが、300万円そこそこの価格帯ならばまだ納得もできますが、日本仕様ではワングレードEXのみで価格も465万円とかなり強気なので、消費者としても見る目は厳しくなってしまいます。

上級セダンとしては8インチのナビ画面は小さく感じる。

内装の質感に関しては動画で詳しく解説していますので、見ていただけるとよりわかりやすいと思います。

 

 

■日本で売れない理由③ワングレードで465万円からの価格

上記の内装の項目でも触れましたが、新型アコードの日本仕様は2.0LハイブリッドのEXというワングレードで、価格も465万円となっています。

ナビやサンルーフまで付いた豪華仕様とは言え、コミコミ500万円するホンダのセダンを買うか?と言われると即答できない人も多いでしょう。

北米では、1.5Lターボもラインナップされており、価格も$24,270(約256万円)からとなっています。どうして1.5Lターボを日本で売らないのかと小一時間問い詰めたい気分になりますが、いろいろ事情があるんでしょう。

ハイブリッドながらトランクスルーできるなど魅力もある。

伸びやかで堂々とした新型アコードが300万円以下から選べるのなら、検討する人ももっと多いはず。それほど今回の新型アコードは見た目で選んでも良いくらいスタイリッシュだと思います。

■日本で売れない理由④販売店が試乗車を配備しない

そして最後の理由が一番大きいと思いますが、試乗車が全然無いということです。

販売店のほうでも高価格で日本市場に合っていない新型アコードを売る自信がないのか、試乗車としての台数を仕入れていない販社が多く、それ故に試乗車がディーラーにない店舗がかなり多いです。

走りよし、見た目良しなのに売れないのがもどかしい。販売店が納得する商品力でパッケージする必要がある。

クルマを買う最初のステップとしては、街中で見る機会が増えて興味を持ったり、点検の際に試乗車を見て乗るなりして購買意欲がわきますが、そもそもどこにも置いてないなら見る機会も乗る機会も無いので興味を持つことすらありません。

メーカーは、消費者の前にまず販売店が自信を持って仕入れられるような仕様で販売して欲しいところです。そうでなければどんなに良いクルマでも、消費者の目に触れることすら無いのです。

■それ故に一番の売りである走りの質感が消費者に伝わらない

今回新型アコードを試乗してわかったのは、その走りの素晴らしさです。ホンダがこんなに上質な走りのクルマを出していたんだ!という感動とともに、どうしてこんなに素晴らしいクルマが売れないのかと悲しくもなりました。

見た目よし、走りよしの新型アコードなのに、日本で発売するタイミングや価格などの仕様により、販売店の仕入れ意欲が減り、ユーザーの目に触れることすらないという不遇のクルマになってしまいました。

そもそも日本市場ではセダンが不人気で、クラウンですら販売に苦戦するほどなので、新型アコードがお買い得な1.5Lターボを300万円以下からラインナップしたところで販売は奮わないのかもしれません。

日本では、セダンで月販3,000台も売れたら大ヒットだと思いますが、新型アコードの2019年の北米での販売台数はなんと26.8万台!

それじゃあ日本市場はどうでもいいと思われても仕方ないかなと、諦めざるを得ない気持ちにもなりました。

とは言え、良いクルマが知られないままでいるのはとても勿体ないので、もっと多くのユーザーに知ってもらい、試乗できる機会が増えれば良いなと思わざるを得ません。

 

せめてその一助にでもなれば嬉しいので、試乗動画の私の感動具合を見ていただければと思います。

 

 

このほかのワンダー速報の記事はこちら

[ドラヨス]
月間100万PVのブログ「ワンダー速報」と、登録者数11万人、月間420万再生以上(2020年8月7日現在)のYouTubeチャンネル「ワンソクtube」の管理人。
クルマ買うチューバーを自称し、2か月に1台のペースでクルマを購入してレビューするスタイルが好評。

ワンダー速報ブログ:https://wansoku.com/

Tagged