【2020年・春版】各社のオールシーズンタイヤ一覧

自動車 自動車関連用品

冬ドライブの必需品がスタッドレスタイヤ。しかし、ここ数年、スタッドレスタイヤに代わり人気が高まっているのが「オールシーズンタイヤ」だ。年2回の履き替えの必要が無いことに加え、タイヤの保管場所や履き替えの費用も発生しない。そのコスト面を抑えられる点がユーザーから注目を集めている大きな理由だ。

しかし、一言にオールシーズンタイヤといっても性能にはばらつきがあり、使用環境に合わせた選択が必要だ。今回は、各社から発売されているオールシーズンタイヤの特徴を紹介しよう。

夏タイヤと冬タイヤ、オールシーズンタイヤの特徴

そもそも一般的に使用される主なタイヤには、夏タイヤ(ノーマルタイヤ)と冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)、そしてオールシーズンタイヤの3種類がある。夏タイヤは、新車のほぼ全てに標準装備されているノーマルタイヤのことで、ウェット路面での排水性には優れているが雪道や凍結路では性能を発揮できない。

燃費を向上させるために路面との摩擦を抑えて転がり抵抗を少なくし、少ないエネルギーでも多くの距離を走行できるように設計されているため、摩擦の少ない雪道や凍結した路面ではグリップ力が弱まりスリップしてしまうからだ。

一方、スタッドレスタイヤは雪道や凍結した路面でも安定した走行を可能にするため低温に強い特殊なゴム(コンパウンド)を使用。これにより、柔らかいコンパウンドとなり低温時でも夏タイヤと比べ硬くなりにくい。さらに、タイヤ表面(トレッド面)のブロック構造により、雪上路では雪を踏み固めながら、氷上路ではゴムが低温下でくっつこうとする凝着摩擦力などを利用し、駆動力や制動力を生み出している。

なお、ゴムが柔らかく路面に多く密着するためタイヤが転がる力に対して路面の抵抗が大きくなり、夏タイヤと比べると燃費性能が悪くタイヤの減りも早い。

この夏タイヤとスタッドレスタイヤの中間に位置するのがオールシーズンタイヤである。夏タイヤよりも雪上性能が高く、スタッドレスタイヤよりもドライ路面での性能に優れているのがその特徴だ。つまり、両方のイイトコ取りといえる。

しかし、それぞれに比べると中途半端な一面がある。特に冬タイヤとしての性能は注意が必要だ。

オールシーズンタイヤは、浅雪や圧雪路、シャーベッド状の雪であればスタッドレスタイヤに近い性能を発揮するものが多い。だが、路面が凍結したアイスバーンではスタッドレスタイヤとの性能差が大きいのが現状だ。凍結路重視で性能を向上させたスタッドレスタイヤであっても滑るのだから、オールシーズンタイヤに過度な期待は禁物である。

雪国や寒冷地に住んでいる人や、スキー・スノーボードのシーズン中によく滑りに行くという方は雪上・氷上性能に特化したスタッドレスタイヤがおすすめだ。一方で関東以西、特に太平洋側で雪は年に1~2回程度しか降らないという地域なら、オールシーズンタイヤでOKだろう。

雪路での性能を証明する二つの刻印

具体的にオールシーズンタイヤを選ぶ上でのポイントとして、まず確認してもらいたいのがタイヤ側面(サイドウォール)に刻印されているスノーフレークマークだ。

これは、寒冷地でも十分な性能を発揮するタイヤの証明となる欧州公式の認証マーク。刻印されていることにより、高速道路で「冬用タイヤ規制」が実施されていても走行が可能となる。しかし、より路面状況が悪化した時に出される「全車両チェーン装着規制」下では、チェーン装着が必要となるので注意して欲しい。

スノーフレークマーク(右)とM+Sマーク

さらに、「M+S」(MUD+SNOW)の刻印もあるか合わせて確認したい。これは、ラジアルタイヤのトレッドパターンを雪路などでも走行できるようにアレンジしたもので、泥やぬかるみ(MUD)、雪、積雪(SNOW)を走行できることを意味している。

この二つの刻印と合わせて、コンパウンドやトレッドパターンによる雪上性能をはじめ、ドライ性能、ウェット性能、耐摩耗性能など、個々の商品ごとの特徴を確認しよう。

ミシュランタイヤ「MICHELIN CROSSCLIMATE(クロスメイト)」

ミシュランのクロスメイトシリーズは、サマーシーズンで優れた安全性能を発揮し、雪上においても高い走行性能を備えている。

同製品は、雪でも走れる夏タイヤをキャッチコピーとして、サマータイヤに求められるハンドリング性能やドライ・ウェット時のブレーキング性能を高い水準で満たしながら、急な降雪での雪上走行性能も実現。スノーフレークマークとM+Sも刻印されている。

トレッドパターンは、雪踏み効果を引き出すV字型を採用し、トレッド部に施したサイプ(細かい溝)技術により、摩耗しても雪上性能を持続させることが大きな特徴となっている。

さらに同社のエコタイヤ「ENERGY SAVER+(エナジーセイバープラス)」の経済性を考慮したロングライフ設計を採用しているのもポイントだ。

横浜ゴム「BluEarth-4S AW21(ブルーアース・フォーエス・エーダブリュー・ニーイチ)」

同製品は、優れた雪上性能とウェット性能を両立するとともに、ドライ性能および耐摩耗性能を確保。同社の看板であるアイスガードで培われたスノー技術とブルーアースのサマー技術が注ぎ込まれている。

トレッド面は、センター部から左右斜め方向に広がるV字型とすることでウェット路面での排水性を高めているほか、交差するクロスグルーブが雪上性能に貢献する。また、接地面積の確保に有効な幅広トレッドや大型ショルダーブロックによってドライ路面でのパフォーマンスを高め、操縦安定性を向上。サイドウォールにはスノーフレークマークに加え、M+Sも刻印されている。

コンパウンドには、シリカを配合することでウェット性能を向上させているほか、末端変性ポリマーの配合により雪上性能とウェット性能も高く、圧雪から乾いた路面でも優れたパフォーマンスを発揮する。

グッドイヤー 「Vector 4Seasons Hybrid(ベクター フォーシーズンズ ハイブリッド)」

1977年に世界で初めてオールシーズンタイヤ「TIEMPO(ティエンボ)」を発売したグッドイヤーからは、四季で路面状況に変化が生じる日本特有の気候環境に適したオールシーズンタイヤ「ベクター フォーシーズンズ ハイブリッド」を発売している。

トレッド面はこちらもV字型により、センター部から左右に伸びるグルーブがウェット路で優れた排水性能を発揮すると共に、剛性の高いブロック形状を採用することで路面に密着し、さまざまな路面コンディションで優れたグリップ力を発揮する。
サイドウォール部にはスノーフレークマークに加え、M+Sも刻印されている。

ダンロップ「ALL SEASON MAXX AS1(オールシーズンマックス エーエスワン)」

住友ゴムから発売されているオールシーズンタイヤ「オールシーズンマックスAS1」は、冬の低温下でも固くなりにくい超マルチコンパウンドを採用することで、ドライ路面からウェット路面、雪道までさまざまな路面でグリップ力を発揮する。サイドウォールにはスノーフレークマークが刻印されている。

トレッド面はなめらかな曲線を描いた特徴的なV字型。主溝が水膜をタイヤ側面に効率よく排水し、水膜の浸入を防ぎ優れたウェットブレーキ性能を実現する。さらに、トレッド面の工夫により、同社の夏タイヤに近い静粛性と夏タイヤ以上のロングライフ性能も実現している。

トーヨータイヤ「CELSIUS(セルシアス)」

トーヨータイヤから発売されている「セルシアス」は、雪上性能とウェット性能を発揮する非対称パターンを採用し、オールラウンドカテゴリーにふさわしいタイヤ性能を備えている。

タイヤのイン側では、雪上性能を重視したジグザグブロックを採用し、雪道でのトラクション性能や圧雪路面などのグリップ力を向上。アウト側には、ドライ・ウェット性能を重視するとともに溝底補強ブロックと周方向連結ブロックで操縦安定性を向上。サイドウォールには、スノーフレークが刻印されている。

ピレリ「Cinturato ALL SEASON PLUS (チントゥラートオールシーズンプラス)」

イタリアのタイヤメーカーピレリが日本市場に投入しているオールシーズンタイヤ「チントゥラートオールシーズンプラス」は、雪上とウェット路面を重視して改良されたコンパウンドを採用している。

トレッド面のセンター部は2Dサイプを採用し、剛性を高めるとともに充分なエッジ長を確保することで雪上性能を向上。サイド部は低密度3Dサイプを採用してブロック剛性を適正化。サマータイヤに近いウェット・ドライ性能を実現している。また、サイドウォールには、スノーフレークマークとM+Sが刻印されている。

この他の特徴としては、一部サイズに「Seal Insideテクノロジー」を採用。これは、タイヤ内部に特殊なシールの加工をすることでパンク時に走行不能になるリスクを抑えてくれる。スペアタイアを搭載していないクルマには嬉しい機能だ。

ファルケン「EUROWINTER HS449(ユーロウインター エイチエスヨンヨンキュー)」

住友ゴムが発売しているファルケン「ユーロウインターHS449」のコンパウンドは、高密度シリカと新ポリマーを配合したコンパウンドを採用することで、ウェット性能と操縦安定性を両立した。

トレッド面は、センター部に太い主溝を2本配置し排水性を高め、ウェット性能を向上している。また、ワイドで長いラグ溝を多く配置することで雪上ブレーキやトラクション性能を向上。スノーフレークマークとM+Sが刻印されている。

マキシス「ALL SEASON AP2(オールシーズンエーピーツー)」

台湾のタイヤメーカー、マキシスから発売されているオールシーズンタイヤ。コンパウンドには、独自開発のフルシリカコンパウンド技術を採用し、ドライ・ウェット路面で高いグリップ力を発揮する。

トレッド面は、中央部に配置した高密度の3Dサイプがブレーキング性能やハンドリング性能を発揮。さらにブロックの余分な動きを抑制するブリッジを適正配置したことで、雪道でも安定したブレーキング性能と走行安定性を実現する。

また、2本のワイドストレートグルーブに加え、両側に横溝を設けることで、雪上性能や排水性能を高め、グリップ力の高さに貢献する。サイドウォールにはスノーフレークマークが刻印されている。

Tagged