ジェイテクト、従業員1名が新型コロナウイルスに感染

業界ニュース

ジェイテクトは、3月23日にスイスから帰国した自社の従業員1名が、成田空港検疫所での新型コロナウイルス感染検査(PCR検査)において、陽性であることが確認されたと公表した。感染が確認された従業員は、専門の医療機関に移動し治療を受けており、今後は、医療機関および所管保健所の指導のもと療養を行う予定であると述べている。

 

また、上記従業員は留学中に罹患したもので、感染が疑われる時期に、自社およびグループ会社の従業員との接触ならびに施設への立ち入りは確認されていないと説明した。

 

ジェイテクトは、これまでも新型コロナウイルス感染予防策を実施してきており、今後も感染予防を最優先に、引き続き新型コロナウイルスへの対策強化を行っていくと述べた。

 

<実施している主な感染予防策>

  • 時差出勤を推奨
  • 在宅勤務可能となる対象者の条件を広げ在宅勤務実施を推奨
  • 全事業場でのマスク着用を強く推奨
  • 体温が37.5℃以上の場合、出社は控え、速やかに上司に報告
    14日間健康チェックを実施
  • 食堂など人が多く集まる場所は、用事が済み次第速やかに退室する
  • 自社主催の社内外会議・イベント開催に関して延期・中止を強く推奨
  • 打ち合わせはweb会議等での実施を強く推奨
  • 不要不急の外来者の面会は原則禁止
  • 国内外への不要不急の出張中止を強く推奨
Tagged