【2020年春版】個性派ぞろい!新車で購入できる輸入車のMT車紹介

自動車 業界ニュース コラム・特集

EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド)といった、電動車のラインアップ拡充が図られる一方で、MT(マニュアル・トランスミッション)車のラインアップは減少傾向にある輸入車。中には、日本に導入しているモデルにMT設定がないブランドもあり、新車で購入できるMT車の選択肢が限られている。

ただ、少ないながらもMT車を設定するブランドもある。そこで今回は、日本に導入されている輸入車のMT設定がある車種を紹介しよう。

■BMW

メルセデス・ベンツ、アウディ、BMWのいわゆる“ジャーマン3”の中で、唯一国内にMT設定の車種を導入。ただ、MT設定があるのは、1シリーズや3シリーズといった量販グレードではなく、ハイパフォーマンスモデルのM2、M4のみとなっている。

 

・M2

現在は、M2をベースにさらに走行性能を高めた「Competition(コンペティション)」のみをラインアップ。ベースモデルのエンジンは、直列6気筒3.0Lターボエンジン(最高出力370PS/最大トルク465Nm)だったが、コンペティションは最高出力410PS/最大トルク550Nm)と大幅に強化されている。

6速MTは、シフトダウン時に自動的に回転数を上げ、スムーズなシフトチェンジを可能にするスロットルブリッピング機能を採用。また、カーボンファイバー強化樹脂(CFRP)製のフリクションライニングの採用により、軽量化を実現するとともに快適なシフト特性を実現している。

・M4

M4はクーペとハイパフォーマンスのコンペティションの両方に6速MTを設定。搭載するエンジンは直列6気筒3.0Lターボエンジンだが、クーペは最高出力431PS/最大トルク550Nm、コンペティションは最大出力450PSまで引き上げられ、内外装に専用装備が施されている。

■ポルシェ

人気を博しているカイエン、マカンといったSUVにMT設定は無いが、「718ケイマン」、「718ボクスター」はMTが設定されている。なお、昨年フルモデルチェンジして国内で発売された新型「911」には現状MTは導入されていないが、海外ではMTも設定されている。先代911はMT設定モデルが日本に導入されていたので、今後の導入を期待したいところである。

・718ケイマン/718ボクスター

伝統的なフォルムとミッドシップレイアウト(MR)を採用する718ケイマンと、そのオープンモデルである718ボクスターは、高性能でありながら911よりも価格が手ごろであることから、ポルシェの入門モデルとしても根強い人気を持つモデルだ。

MRの2シーターである718ケイマン/ボクスターは、2.0Lターボを搭載するベースモデル、2.5Lターボを搭載する高性能タイプの「S」、Sをベースにパワーを向上させ数多くの専用装備を採用するトップグレードの「GTS」が設定されており、そのいずれにもMTが設定されている。

718ケイマン

■MINI

唯一無二のスタイルと“ゴーカートフィール”とも呼ばれる独特なドライブフィールが持ち味のMINI。近年はクラブマンやクロスオーバーといった車種や、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルが人気を博しているが、これらにMT設定は無し。ベースモデルの3ドアのみMTが設定されている

・MINI 3ドア

ONE、COOPER、COOPER Sのガソリン車、JOHN COOPER WORKS(JCW)に6速MTを設定。JCWはベースモデルのCOOPER Sと同じ直列4気筒2.0Lターボながら、可変バルブや圧縮比の変更などのチューニングを行うことで、最高出力231PS(クーパーS同192PS)、最大トルク320Nm(クーパーS同280Nm)を発揮する。

JCWの6速MT

 

■ルノー

トゥインゴ、ルーテシア、メガーヌ、カングーと、SUVのキャプチャー以外ラインアップのすべてにMTを設定。輸入車の中でも、MTのラインアップが充実しているブランドだ。

 

・トゥインゴ

コンパクトカー並みのボディサイズに、RR(リヤエンジン・リヤドライブ)レイアウトを持つユニークな1台。ベースグレードの「S」に5速MTが設定されており、179万円からと購入しやすい価格も大きなポイントだ。

・ルーテシア

ベースグレードの「ゼン」に5速MTを設定。なお、ルーテシアは2020年中にフルモデルチェンジした新型モデルの国内導入が予定されており、新型でもMTモデルの設定を期待したい。

・メガーヌ

ハイパフォーマンスバージョンのルノー・スポール(R.S.)トロフィーに6速MTを設定。ドイツ・ニュルブルクリンクでFF車最速ラップタイムを記録した技術が余すことなく注入されている。

・カングー

広い室内空間にスライドドアを持ち、ファミリーカー的な使い勝手が人気を博しているカングーには6速MTが設定されている。2016年からはデュアルクラッチ式の6EDCが設定されているが、これ以前はATが4速だったため、6速MTを購入するユーザーも多かったという。

■アバルト

元々はイタリアのレーシングマニファクチュアであったが、現在は主にフィアットのモデルをベースとしたハイパフォーマンスモデルのチューニングを行っているブランドだ。現在は、フィアット・500をベースとする「595」、マツダ・ロードスターをベースとする「124スパイダー」がラインアップされ、いずれにもMTが設定されている。

・595

3グレードすべて1.4Lターボエンジンを搭載し5速MTを設定するが、グレードによってエンジンの最高出力やトルク、装備が異なる。ベースモデルの595は最高出力145PS/最大トルク180Nm、595ツーリズモは最高出力165PS/最大トルク210Nmを発揮し、キャンバストップも設定する。最上級の595コンペティツィオーネは最高出力を180PSまで高め、最大トルクは230Nm、スポーツスイッチ使用時は250Nmまで高められる。

・124スパイダー

アバルトブランド初となるオープンスポーツ2シーターで、マツダ・ロードスターの構造をもとにデザイン、パワートレーン、室内装備・素材、サスペンション、ステアリングフィールはFCAが開発。生産はマツダ本社工場で行われる、インポートブランドでも〝国産〟となるスポーツモデルだ。

パワーユニットは直列4気筒1.4Lマルチエアターボエンジン(最高出力170PS/最大トルク250Nm)に、ミッションは6速MTと6速ATの2タイプが設定されている。

■ロータス

ライトウェイトスポーツカーを主力モデルに、現在はシャシーとボディのみ自社で開発を行い、エンジンはトヨタ製をベースにチューニングしたものを搭載し、エリーゼ、エキシージ、エヴォーラはすべてミッドシップ・リヤドライブ(MR)レイアウトを採用している。

 

・エリーゼ

現行ラインアップの中では最も小さいボディを持つ2シーターで、ミッションは6速MTのみを設定。エンジンは直列4気筒1.8L+スーパーチャージャーを搭載する。

 

・エキシージ

エリーゼとエヴォーラの間にラインアップされる2シータークーペ。エンジンはエヴォーラと同じV型6気筒3.5L+スーパーチャージャーを搭載する。ミッションは6速MTと6速ATを設定する。

 

・エヴォーラ

2シーターのライトウェイトスポーツカーを主力とするロータスの中で、エヴォーラは唯一2+2の4シーターモデル。エンジンはV型6気筒3.5L+スーパーチャージャーを搭載する。

■国内導入モデルにMT設定がないブランド

以下のブランドは、現状国内に導入しているすべての車種にMTが設定されていない。本国では設定のあるモデルも多いだけに、ぜひ導入を期待したいところだ。

・メルセデス・ベンツ

・スマート

・フォルクスワーゲン(限定車のup! GTIには6MT設定有)

・アウディ

・プジョー

・シトロエン

・DS

・アルピーヌ

・ボルボ

・フィアット(限定車のPanda 4×4 Succosaには6MT設定有)

・アルファロメオ

・フェラーリ

・マセラティ

・ランボルギーニ

・ジャガー

・ランドローバー

・ベントレー

・ロールス・ロイス

・マクラーレン

・キャデラック

・シボレー

・ジープ

・テスラ

<国産車前編へ>

<国産車後編へ>