ディスプレイオーディオには「ナビキット」装着がオススメ!(編集部)

コラム・特集

カーナビ専用機に代わり、トヨタが昨年から導入を開始したのが「ディスプレイオーディオ(DA)」。スマホと接続することで多彩な機能が使えるというものだが、ナビを使うのにもイチイチ接続しなくてはいけないのは地味に面倒くさい。

そんな人のためにトヨタが用意しているのが、DA専用オプションの「ナビキット」だ。これならスマホ不要でカーナビを使うことができる。ぜひ装着して欲しいアイテムだ。(編集部)

 

昨年、新型カローラと同時に登場し、順次トヨタ車に搭載となっているコネクティッドサービス「ディスプレイオーディオ(DA)」は、スマホと連携して様々な使い方ができるサービスだ。搭載車種も順次拡大し、現在ではカローラの他、アルファード/ヴェルファイア、グランエース、C-HR、カムリ、カローラ、ヤリスに搭載されている。

このディスプレイオーディオとは、スマートフォンと接続することでスマホで利用しているアプリや音楽等を車載ディスプレイ上で操作、利用できるものだ。具体的には地図アプリでのナビゲーションをはじめ、音楽や動画の再生、ハンズフリーでの通話や音声でのメッセージの入力・送信等が行える。つまり、スマホの便利な機能を、車内でもそのまま利用できるということだ。逆にいえば、従来のカーナビが搭載していた主要な機能はスマホに任せ、それを車内でも使いやすいようにするものともいえる。今後ディスプレイオーディオは、トヨタ車に順次搭載されていく予定だ。

ちなみにアプリとしては、ナビゲーションでは「TCスマホナビ」、「LINEカーナビ」、音楽では「LINE MUSIC」、「radiko auto」等、スマートデバイスリンク(SDL)に対応しているアプリがそのまま使える他、TV視聴とのセットオプション(有料)を申し込めば「Apple Carplay」、「android auto」にも対応し、GoogleマップやSiri/Googleアシスタント等の音声操作アプリも使うことができる。

しかし、ここで注意したいことが二つある。

まず一つ目は、ディスプレイオーディオそのものには「カーナビ機能」は搭載されていないということだ。そして二つ目は、車両にWi-Fiスポット機能は搭載されていないことである。

スマホのカーナビアプリは確かに便利だが、それには多くのデータを受信する必要がある。しかし、ドライブ中ずっとスマホがデータ受信を続けることになるので、スマホの通信料がハネ上がってしまう。このため、スマホの通信プランを見直す必要が出てくるユーザーも少なくないだろうし、そもそもスマホを利用していないユーザーは、カーナビを利用できないことになる。

<関連記事:最新ディスプレイオーディオでナビアプリやサブスクを使うとどのくらい通信量がかかるのか調べてみた!>

また山岳地やトンネル内等、通信環境が悪かったり、GPS信号が拾えない場所では正確なルート案内ができないのも、スマホナビの難点である。通信費を気にしつつ、不完全なルート案内で慣れない道をドライブするのは、なるべく避けたいものだ。

■2種類のナビキット、どう違う?

そこで編集部がオススメするのは、ディスプレイオーディオのオプションとして用意されている「ナビキット」の装着だ。

これはディスプレイオーディオにカーナビ機能を加えることで、今までの使い慣れたナビにするもの。スマホと連携させる必要がなく、もちろんスマホのカーナビアプリも使う必要がない。「普通のナビ」として従来の車載ナビと同じ使い方ができ、もちろん通信料も発生しないから経済面でも安心である。

そしてうれしいのは、このナビキットには、手軽な「エントリーナビキット」と、より充実したサービスが用意されている「T-Connectナビキット」の2種類が用意されていること(搭載車、設定の有無は別表参照)。

 

まず「エントリーナビキット」(6万6000円・税込)は車載ナビ機能として、VICSワイド対応、目的地検索(住所/50音/電話/履歴等)、5ルート探索/表示等の機能を搭載。また、T-Connect機能として、ヘルプネット(エアバッグ連動)、eケア、マイカーサーチ(うっかり通知/リモート確認・操作)、マイカーサーチPlus(アラーム通知、車両位置追跡、警備員派遣、エンジン始動通知)を利用することが可能となっている。

一方、「T-Connectナビキット」(11万円・税込)は、さらに便利なT-Connectの機能が利用可能。3年間無料で地図更新できる「マップオンデマンド」や、トヨタスマートセンターから配信される最適なルート探索と、車載ナビによるルート探索を合わせたルート案内が行なえる「ハイブリッドナビ」、対話しながら目的地の検索等が行なえる「エージェント」、車両盗難等の異常の察知や位置追跡を行えるセキュリティサービス「マイカーサーチ」等が利用可能となっている。

またオプションとなるが「オペレーターサービス」も使うことができる。つまり、従来のT-Connectナビと同等の使い方が可能というわけだ。さらにT-Connectの基本サービスは、5年間無料というのもうれしいポイントといえるだろう。

スマホ連携という新たな使い方に加え、T-Connectの多彩な機能が選べるディスプレイオーディオ。せっかく新車を購入するなら、その魅力をフルに活用できる「T-Connectナビキット」の装着をオススメしたい。

■T-Connectとは?

トヨタが2014年にスタートしたテレマティクスサービスが、「T-Connect」だ。このテレマティクスサービスとは自動車向けの情報提供サービスで、クルマをインターネットに接続することで、様々な使い方を可能にするもの。T-Connectの場合、クルマに搭載されたT-Connect対応ナビとトヨタスマートセンターを通信でつなぎ、オペレーターサービスや地図データの更新、最適ルートの探索等、様々なサービスを実現している。その便利なサービスの一部を紹介しよう。

【ハイブリッドナビ】
カーナビの基本となるのは、何といっても正確なルート案内。渋滞を避けつつ、最適・最短のルートでスムーズなドライブを楽しみたいものだ。そのためには、通信を利用したリアルタイムかつ精度の高い道路交通情報を得ることが不可欠であるが、走行中では常に通信ができるとは限らない。

そこで、T-Connectに搭載されたのが「ハイブリッドナビ」である。これはトヨタスマートセンターから配信される最適なルート探索と、車載ナビによるルート探索を合わせたルート案内サービス。通信可能なエリアではトヨタスマートセンターがルート探索を行い、通信環境が悪いエリアでは車載ナビがルート探索を行う。状況に合わせて二つのルート探索を使い分けるから「ハイブリッド」というわけである。

基本となるのはトヨタスマートセンターのルート探索。目的地を設定すると、トヨタスマートセンターが、蓄積されている「現在地周辺の交通情報」や「高速道路・一般道路の渋滞予測情報」を考慮した最適なルートを探索し、結果を通信で車載ナビに配信。その際、最新の地図データも配信される。そしてルート案内中も、トヨタスマートセンターで約5分ごとに最適なルート探索を行う。より短時間で目的地に到着できるルートがあれば新しいルートが提案されるので、常に最適なルートで走行できる。

一方、通信環境が悪くトヨタスマートセンターと通信できないエリアでは、車載ナビでルート探索を行う。この場合は渋滞等、リアルタイムの交通情報を得ることができないから少し精度は落ちてしまうが、通信環境が良いエリアに入ると自動的にトヨタスマートセンターと通信を開始してルート探索が行われるので安心だ。再び最適ルートでドライブを楽しむことができる。

【マップオンデマンド】
正確なルート案内には、最新の地図データが必要だ。そこでT-Connectでは、従来から最新の道路データを配信するサービス、「マップオンデマンド」が用意されている。新しい道路が開通すると高速・有料道路なら最短で即日(平均2週間程度)、一般道路も随時更新されるので、常に新しい道路情報でルート案内が可能になるというわけだ。

T-Connectナビキットでは、マップオンデマンドが3年間無料で利用できる。4年目以降は販売店で最新版の地図ソフトを購入して地図データを全更新すれば、全更新日からさらに2年間マップオンデマンドの継続利用ができるようになる。

なお、DCM(専用通信機)が標準装備になっている車種なら、DCMが5年間無料で利用できる。このため、その間がマップオンデマンド有効期限であれば、地図データは常に自動更新されることになるのも大きなメリットといえる。面倒な手間なく、正確なルートでドライブに出かけることができるのは、見逃せないポイントだ。

【オペレーターサービス/オペレーターサービスPlus】

オプションで設定されている「オペレーターサービス」は、24時間365日、カーナビからオペレーターを呼出し、口頭で行きたい場所を伝えるだけで、ユーザーに代わってオペレーターが目的地を検索してくれるというもの。検索結果はカーナビに送信されるので、ドライバーは運転に集中したまま目的地の検索が行えるというわけだ。

さらに上級プランの「オペレーターサービスPlus」ならば、オペレーターサービスの内容に加え、目的地を案内した後、予約が必要な場合もそのまま依頼できる。ホテル、レストラン、国内航空券、レンタカーの予約、保険の取り次ぎができるので、急な出張の際も便利だ。

<編集部>

関連記事はこちら

Tagged