トヨタ、2020年 WRC 第1戦 ラリー・モンテカルロでダブル表彰台

業界ニュース

2020年FIA世界ラリー選手権(WRC)第1戦ラリー・モンテカルロの最終日デイ4が、1月26日、モナコを基点に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのセバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組(ヤリスWRC 17号車)が総合2位、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(33号車)が総合3位に入りダブル表彰台、また、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(69号車)が総合5位でフィニッシュした。優勝はティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)。

 

 

競技最終日となるデイ4は、モナコを基点に、その北側に広がるフランスの山中で2本のステージを各2回走行するレースで、前日のデイ3では、オジエとエバンスが激しい首位争いを展開し、エバンスが総合1位、オジエが4.9秒差の総合2位と、ヤリスWRCが1-2体制となった。

 

しかし、最終日はオジエと1.5秒差の総合3位につけていたヌービルに首位の座を明け渡すこととなり、エバンスとのチーム内バトルを制したオジエが総合2位でフィニッシュした。ボーナスポイントがかかる最終SS「パワーステージ」では、ベストタイムに僅か0.012秒届かなかったが、2番手タイムで貴重なボーナスの4ポイントを獲得した。

 

エバンスは総合3位でフィニッシュし、今回がヤリスWRCでの初WRC出場だったロバンペラは5位で完走した。また、今回初めてヤリスWRCでモンテカルロに挑んだ、TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムの勝田 貴元は、自己最高リザルトとなる総合7位でフィニッシュし、ドライバーズポイントを獲得した。

 

 

 

 

 

Tagged