VW、ワーゲンバスを全国のイベント主催者に無償で貸出すサービス「バスカスフェス」を2020年も継続

業界ニュース

フォルクスワーゲングループジャパンは、ワーゲンバスを、コンテンツやスタッフと共に、全国のイベント主催者に無償で貸出しするサービス「バスカスフェス」を、2020年も継続すると発表した。2019年2月のサービス開始以降、400件の問い合わせがあり、日本全国で27のイベントに参加した。

 

2020年のバスカスフェス第1弾は、Candy Box Wagon(お菓子がたくさん詰まったフォルクスワーゲンバス)がバレンタインイベントを盛り上げ、また、毎年完売するモロゾフのバレンタインチョコ「Beetle」を販売するほか、昨年発表したコンパクトSUV「T-Cross」を展示する。さらに、アンケートに回答者全員にフォルクスワーゲンオリジナルトートバックをプレゼントする。加えて、子供にはCandy Box Wagonでのお菓子すくいを実施する。アンケートは、URLから事前に答えることも可能で、イベント当日、アンケート回答完了画面を会場で見せれば、トートバックをプレゼントする。

 

【「フォルクスワーゲン バスカス バレンタイン」 概要】

  • 開催期間:2020年2月1日(土)~2月2日(日
  • 場所:ららぽーと海老名(神奈川県海老名市扇町13-1) ※モロゾフのバレンタインチョコ販売とオリジナルトートバックプレゼントを行うが、お菓子すくいは実施しない。

 

  • 開催期間:2020年2月8日(土)~2月9日(日
  • 場所:ららぽーと名古屋みなとアルクス(愛知県名古屋市港区港明二丁目3番2号)ららぽーとEXPOCITY(大阪府吹田市千里万博公園2-1)
  • VGJバスカスフェス特設サイト:https://sp.volkswagen.co.jp/playon/buskussfest/  ※バスカスフェス当日、もしくは、上記のWEBサイトからお目当てのイベントを選び、アンケート回答ページより事前にアンケートに回答すると、当日、会場にてプレゼントをもらえるキャンペーンを実施中。

Tagged