【ワンダー速報】VW 新型T-CROSS試乗!走りは◎!しかしPOLOやAudi A1同様に惜しい点も…

試乗レポート

2019年11月にデビューしたフォルクスワーゲン・T-CROSSは、ポロとプラットフォームを共有する全長4.1mのコンパクトSUVです。

私はカー&レジャーさんの取材に相乗りさせていただいたおかげで、かなり早い12月に試乗することが出来ましたが、各ディーラーに配車されて一般ユーザーの試乗が始まるのは2020年1月中旬から。

ということで、これからフォルクスワーゲン T-Crossの試乗する人のために、私が試乗で感じたインプレッションをレポートします。

試乗車は初期導入モデルのT-Cross TSI 1st Plus、車両本体価格は3,359,000円。VWの中では最も小さなSUVとなる。

■そもそもT-CROSSってどんなクルマ?

まずは聞き慣れないT-Cross(Tクロス)という車名ですが、実はフォルクスワーゲンのSUVって全部Tから始まっています。

一番大きなTouaregから、Tiguan、T-Roc、そして今回のT-Crossです。T-ROCは日本未発売ですが、アウディQ2のVW版みたいなクルマで、個人的にはT-CrossよりT-Rocのほうが気になっています。

T-ROCの日本発売は2020年秋以降になるかもしれませんが、本国のデビューから3年近く遅れての販売は少し心配です。

日本への導入も期待されるT-Roc

 

フォルクスワーゲンのSUVの中で最もコンパクトなモデルが、このT-Crossです。

ベースとなっているのはポロなので、残念ながら電動パーキングブレーキやブレーキホールドは装備されず、サイドブレーキになります。

ここが最大の弱点です。

同じプラットフォームを使って作られているアウディA1もサイドブレーキ。

サイドブレーキのほうが良いという人も多いですが、個人的には電動パーキングブレーキは必須と思える装備なので、T-Crossに付いてないのは残念。兄貴分になる日本未発売のT-Rocには電動パーキングブレーキは付いています。

ただし、T-Crossには電動パーキングブレーキはつかなくても、アダプティブクルーズコントロールはポロ同様に全車速追従タイプになるのは救いですね。

■T-Crossのボディサイズは?

T-Crossのボディサイズは、全長4,115mm×全幅1,760mm×全高1,580mm、ホイールベース2,550mmとなっています。

最近デビューしたトヨタのライズやダイハツのロッキーは、4m以下の全長や、1.7m以下の全幅など、一回り小さいさいずになっています。

どちらも、電動パーキングブレーキはなく、全車速追従のアダプティブクルーズコントロールは装備されるなど、装備面では結構近いものがありますが、価格はT-CROSSのほうが100万円以上高く、実質的なライバルにはならないでしょう。

T-Crossのボディサイズは、全長4,115mm×全幅1,760mm×全高1,580mm、ホイールベース2,550mm。

■コンパクトSUVの中でも質感の高いエクステリア

T-CROSSの紹介が一通り済んだところで、エクステリアを見てみましょう。

試乗車は初期導入モデルのT-Cross TSI 1st Plusという上位車種になります。

車両本体価格は3,359,000円となっています。

330万円となると、ゴルフが買えちゃう価格なのが難しいところ。

オレンジ色のホイールが鮮烈な印象。こちらはオプションなので他の色も選択可能。

T-Cross TSI 1st Plusは、専用装備としてオレンジ色のアルミホイールやミラーが特徴的。

オレンジの18インチアルミホイールは、デザインパッケージというオプションを装着すると装備されます。

ヘッドライトはLEDですがフォグランプはハロゲン。これは降雪地帯での融雪効果も考慮するとハロゲンでもアリだと思います。

アダプティブハイビームシステムは用意がなく、ハイビームアシストのみとなります。

兄弟車のポロが6ライトウィンドウになっていてリアクォーターウィンドウがあるのに対して、T-CROSSのサイドビューはCピラーが極太なデザインになっています。

ルーフレールはT-Crossには標準で付きますが、シルバーになっているのはT-Cross TSI 1st Plusの専用装備。

アンテナは棒タイプと、今どきシャークフィンアンテナを採用してないのは残念。

リアビューは未来感あってカッコいい。ただしシャークフィンアンテナは不採用。

T-CROSSはリアビューがカッコいいですね。

左右をつなぐリアコンビネーションランプのデザインですが、中央部分は光らずリフレクターのみとなっています。

マフラーは隠されるデザインですが、ダミーのマフラーデザインなどよりも潔くていいです。

リアコンビネーションランプはブラックアウトされている部分が多く、それもまた新鮮。

破線状にサイドに赤いランプが見えるのも新しいですね。

リアウィンカーは豆球。

T-Cross TSI 1st Plusのエクステリアは、コンパクトSUVとしてとても質感高く見えます。

シャープなキャラクターラインや、密度感のあるフロントマスクやリアコンビネーションランプ周りなど、デザインのバランスがとても良いですね。

エクステリアだけならかなりの高評価です。

ただ、惜しいのは内装なんですよねぇ…。

■課題が残る内装の質感
インテリアデザインはポロと似ているが、各部のデザインは少し異なる。

では続いて内装を見てみましょう。

運転席ドアの内側は肘置き部分以外はしべてハードプラと、かなりプラスチッキーです。

グリップや内張り全てが無塗装素地で330万円クラスのクルマとして見ると、質感不足を感じます。

以前はVWと言えばクラスを超えた内装の質感が魅力でしたが、アウディ含めVWグループの内装のコストダウンは目につくようになってきました。

一番質感不足を感じるのはドアトリム。肘置き以外はハードプラで素っ気ない。

これならトヨタライズやダイハツロッキーと変わらないレベル…。

フォルクスワーゲンブランドならもうちょっと頑張ってほしいというのが正直な感想です。

ただ、ヒンジはちゃんと鋳造性。ボディ剛性はとても高そうで、ドアを締めた時の音は「ズン!」とかなり重厚感があります。

そしてドアトリムの安っぽさを補うのがシートにあしらわれたカラフルなデザインです。

硬めの座り心地とともに、シートは良いなと思いました。

ただし、上位グレードでもパワーシートの設定はなし。

シートは色合いもデザインもオシャレ。

T-CROSSのインテリアデザインは基本的にはベースとなっているポロに似ていますが、ダッシュボードの派手なパネルやナビ画面の位置など少しオリジナルの部分もあります。

USBポート2口と、スマホの非接触給電Qiが標準装備と、輸入車ではQi標準装備のクルマも増えましたね。

T-CROSSで新しいのはシフトノブのデザインです。

バックライトのインジケーターが付いたので、現在どのギアに入っているかわかるようになったのは良いですね。

ただ、良くないと思った点としては、エンジンのスタートスイッチが日本にローカライズされておらず、何故か助手席側に付いてしまっていました。

そして冒頭でも紹介した電動パーキングブレーキ非採用でサイドブレーキとなっていますが、アダプティブクルーズコントロールは全車速追従可能なのはポロ同様です。

しかし、停止保持ができないので、停止後2秒以内にブレーキを踏む必要があります。

新意匠のステアリングホイール。クルーズコントロール系のスイッチはわかりづらい印象。

続いてステアリングホイールは新意匠になっています。

今後はVWのクルマのステアリングはこの形にアップデートされていくのでしょうか。

ただ、クルーズコントロール周りのスイッチが煩雑なのは今まで通り。

ボルボなどの簡便さに比べると直感操作できません。ボタンの数はそれほど変わらないのですが…。

そしてT-CROSSの内装で一番残念だったのが、初期モデルにはアクティブインフォディスプレイというデジタル液晶メーターは非採用!

さらにアナログメーターはまだいいとして、中央のマルチインフォメーションディスプレイがなんとモノクロとなっています。

初期モデルにはアクティブインフォディスプレイの設定はなく、モノクロのマルチインフォメーションディスプレイとなる。

さすがに300万円以上のクルマにモノクロ1色のマルチインフォメーションディスプレイは萎えます。

ただ、このメーターは初期モデルのみで、2020年春以降にラインナップされるカタログモデルでは、アクティブインフォディスプレイも選択可能となることを期待したいです。

■荷室の使い勝手は良好

続いてT-CROSSの後席ドアを見てみると、前席同様ヒンジは鋳造性ですが、内張りはアームレストも含めてすべてハードプラ。

ソフトパッドやファブリックが貼られた場所は一箇所も無し。

さすがにこれは質感不足と言わざるを得ないと思います。

アクティブに使ってもらうために、あえて水洗いできるようになっているというのなら納得なんですが…。

そんなことはないですよね?(笑)

一方で、後席のシートは前席同様にオシャレな柄になっているのは◎。

後席の足元空間も全長やクラスを考えればかなり広いですし、ヘッドレストも3つあるのも良いですね。

身長173cmの私の運転席ポジションでも、後席膝前にはコブシ2つ分はあり、シートバックポケットも運転席・助手席共に付いていて、これも◎です。

センターコンソール後端には、後席用のUSBソケット2口あるのも良いですね。

ただ、後席のリクライニングはしませんし、アームレストも無いです。

ラゲッジ容量は455Lと、このクラスとしては最大級。

最後にラゲッジスペースも見てみましょう。

ラゲッジ容量は455LとCセグを超えるレベルの容量を確保。

T-CROSSのラゲッジスペースは全長4.1mというコンパクトなボディを考慮すればかなり広いです。

レクサスNXが475L、C-HRが318L、CX-30が430L、ライズやロッキーが369Lとなっているので、いかにT-Crossが大容量かわかると思います。

後席を倒せばフラットになるラゲッジスペースは使い勝手も良さそう。

ラゲッジボードは2段階で高さ調整も可能。

そして後席を倒せば、フラットな荷室になります。

段差もないフラットなラゲッジスペースになり、使い勝手も良さそう。

トノカバーも立派なものが付いていて、そういうところの作りは良いんですよね。

内外装のインプレッションは以下の動画でも公開中!

 

■1.0Lとは思えないパワフルな走り

内装においてはネガティブな要素が多かったT-CROSSですが、走りは面目躍如です。

T-Crossのパワートレインとトランスミッションは、1.0L 3気筒ターボのTFIエンジンに7速DSGが組み合わされています。

これもポロなどでおなじみの構成ですね。

こちらのエンジンスペックは最高出力 85kW(116ps)/5,000-5,500rpm、最大トルク 200Nm(20.4kgm)/2,000-3,500rpmとなっています。

ワタシ自身、同じくフォルクスワーゲングループの1.0LTFSIエンジン+7速DCTのアウディQ2に乗っていたので、その動力性能はよく理解していますが、1.0Lという数字では想像できないほどトルクフルに走ります。

そして7速DSGのダイレクト感ある走りがとても楽しいです。

この1.0Lエンジンの弱点は、アイドリングストップからの復帰が遅いということ。

ただ、Q2などとは異なり、ブレーキホールドがないのでブレーキペダルから足を離してからアクセルペダルに乗せるまでの間で少しラグが解消されるので、体感的には1秒くらいでアイドリングストップが解除されます。

それにしても最近のクルマの中ではかなり遅いほうなので、これが耐えられないと言う人はアイドリングストップをOFFにして走るしか無いですね。

この弱点以外では、走りにおいては不満はほぼないですね。

高速試乗も試してみましたが、合流時の全開加速も1.0Lとは思えないほど力強く、さらに高速巡航時も騒音振動も、このクラスとしてはかなり抑えられていると思いました。

また、ステアフィールはかなりクイックで、少し切っただけでもノーズが向きを変えます。

高速巡航時はもっとドッシリとしていても良いとは思いますが、そういう際にはアダプティブクルーズコントロールやレーンアシストを使えば車線維持もしてくれるのは安心感が高いと思います。

ただ、やはり電動パーキングブレーキがないおかげで、アダプティブクルーズコントロールは全車速追従はしてくれますが、停止保持機能がないのは惜しいです。

サイドブレーキが好きという人には嬉しいモデルとなるだろう。

動的質感の面では素晴らしく良いので、電動パーキングブレーキにこだわらず、メーターがモノクロ液晶でも構わないと言う人にはおすすめできるクルマになっていると思います。

ただ、購入を急いでいない方は、春以降のカタログモデルの登場を待って、フルデジタル液晶メーターのアクティブインフォディスプレイが選べるようなってから購入したほうが満足度は高いと思います。

T-CROSSが気になっている方は、お近くのフォルクスワーゲンディーラーに足を運んで、ぜひ試乗してみてください。

走りの良さは太鼓判ですので。

試乗インプレッションは以下の動画でも公開中!

 

このほかのワンダー速報の記事はこちら

 

 

[ドラヨス]
月間100万PVのブログ「ワンダー速報」と、月間100万再生以上のYouTubeチャンネル「ワンソクtube」の管理人。
クルマ買うチューバーを自称し、年に何台もクルマを購入してレビューするスタイルが好評。

ワンダー速報ブログ:http://drumsyos.blog.fc2.com/

Tagged