ホンダ、「シビック セダン/ハッチバック」を一部改良

新車情報

ホンダは、「CIVIC(シビック)」シリーズの「シビック セダン」、「シビック ハッチバック」を一部改良し、1月23日(木)に発売する。なお、今回モデルチェンジしたCIVICシリーズは、1月10日~1月12日(日)まで幕張メッセ(千葉県)で開催されている「東京オートサロン」の同社ブースに展示されている。

 

今回のモデルチェンジでは、「シビック セダン」においては、エクステリアのフロントバンパー、リアガーニッシュのデザインやアルミホイールのカラーを変更したほか、インテリアではコンビシートを標準装備とした。

 

 

また、「シビック ハッチバック」では、エクステリアにおいて、前後バンパー、フロントグリル、リアロアガーニッシュ、アルミホイールのデザイン変更を実施し、トップロードサンルーフを追加したほか、6MT車のシフトノブの形状を変更し、ショートストローク化した。

 

 

さらに、先進の安全運転支援システムHonda SENSINGを全タイプに標準装備とし、新たに歩行者事故低減ステアリングと先行車発進お知らせ機能を追加した。

 

また、2020年夏に発売を予定している「CIVIC TYPE R」の改良モデルに関する情報を、専用ホームページ(https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/new/?from=newslink_text)で順次公開する。

 

<価格(消費税込)>

  • 「シビック セダン」:276万1000円
  • 「シビック ハッチバック」:294万8000円

Tagged