ホンダ 「S660/S660 Modulo X」をマイナーモデルチェンジし、デザインを進化

新車情報

ホンダは、2シーター・オープンスポーツ「S660」をマイナーモデルチェンジして、1月10日より発売した。

 

今回のマイナーモデルチェンジでは、「デザインの深化」をコンセプトに、エクステリアでは、ボディーカラー同色のフロントピラー、新デザインのアルミホイールを採用し、ヘッドライト/サブリフレクターの色変更、アクセサリーライト追加(αのみ適用)、リアコンビネーションランプ/インナーレンズの色変更、フロントグリルのデザイン変更などが実施された。外板色には、国内初となる新色アクティブグリーン・パールやアラバスターシルバー・メタリックを追加し全7色を設定した。

 

インテリアにおいては、シート表皮アクセントの変更などに合わせて、シートヒーターを追加し快適性を向上させたほか、ステアリングホイール/シフトノブ 表皮にアルカンターラ®を採用(αのみ適用)した。

 

 

また、専用のカスタマイズパーツを量産過程で装着、販売するコンプリートカーブランド「Modulo X」シリーズの「S660 Modulo X」も、同時にマイナーモデルチェンジして1月31日(金)に発売する。

 

「S660 Modulo X」は、S660本機のデザイン深化に合わせて、エクステリアでは、新色アルミホイール(ブラックスパッタリング仕上げ)を採用し、ドアミラーカバーの色変更(ナイトホークブラック・パール)を実施した。また、インテリアでは、専用アルカンターラ®×本革ステアリングホイールを装備したほか、アルカンターラ®採用部位の拡充(サイドブレーキカバー・シフトブーツ等)し、専用スポーツレザーシートのデザイン変更なども行われている。外板色には、新色のカーニバルイエローIIを含む全4色を設定した。

 

 

<価格(消費税込)>

  • 「S660」:203万1700円~232万1000円
  • 「S660 Modulo X」:304万2600円

Tagged