「Hondaウエルカムプラザ青山」を1月18日(土)にリニューアルオープン

業界ニュース

ホンダは、同社青山ビル1階のパブリックスペース「Hondaウエルカムプラザ青山(以下、ウエルカムプラザ)」(東京都港区)を、2020年1月18日(土)にリニューアルオープンする。

 

今回のリニューアルでは、1985年のオープン当初からのコンセプトである「製品及び企業姿勢の発信の場」、「誰でも気軽に立ち寄れる憩いの場」をさらに進化させ、明るいウッド調床材で刷新した内装や、Hondaならではのメニューを提供する新たなカフェなどを設置する。ホンダは、これまで以上に居心地の良い空間をつくるとともに、ホンダの考える価値や想いを伝える製品展示などを通じて、「すべての人に生活の可能性が拡がる喜びを提供する」という、Hondaの2030年ビジョンを実感できる場を目指すと述べている。

 

【「Hondaウエルカムプラザ青山」リニューアル概要】

<製品展示コーナー>

二輪車、四輪車、パワープロダクツ、HondaJetと、ホンダの幅広い製品や先進技術の展示、体感イベントなどを通じて、来場者に「生活の可能性が拡がる」体験を提供する。また、ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡茂木町)にあるホンダコレクションホールからの出張展示など、ホンダが大切にするフィロソフィーや歴史を伝える展示も実施する。

 

<MILES Honda Cafe(マイルズ ホンダ カフェ)>

より立ち寄りやすく、憩えるカフェを目指して空間設計を実施。世界各国のF1開催地にちなんだサンドイッチや、「宗一郎の水」( Honda青山ビル地下3階にあるカナダ産ヒバの大樽で貯水することによりカルキ臭が消えた水)を使って入れたオリジナルコーヒーなを用意する。

 

 

<内外装>

外装は、外に面したガラス面を拡大することで、屋外からプラザ内やカフェが見渡せる開放的なデザインとした。また、プラザ前のエリアは、建物内と同じ床材で繋がるウッドデザインを採用することで、親しみやすく入りやすい外観とした。

 

内装は、「再び訪れたくなる場」をコンセプトに、ウッドとグリーンを多く取り入れ、親しみやすく居心地の良い空間とした。メインエントランスでは、役職や年齢、性別を越えて気軽にワイワイガヤガヤと話し合う、ホンダ伝統のコミュニケーション「ワイガヤ」にちなんで、「多種多様な人々が集まり、賑わいが生まれる空間」をコンセプトとした「ワイガヤの木」が設置されている。

 

 

【「Hondaウエルカムプラザ青山」 概要】

  • 所在地:東京都港区南青山2-1-1 Honda青山ビル1階
  • 営業時間」10:00~18:00
  • 最寄駅:東京メトロ銀座線、東京メトロ半蔵門線、都営大江戸線
    →「青山一丁目」駅 下車5番出口すぐ

Tagged