WEC 19/20シーズン第4戦、トヨタが今季3度目の1-2フィニッシュを達成

業界ニュース

12月14日(土)、中東バーレーン・インターナショナル・サーキットで2019-2020年FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦バーレーン8時間の決勝レースが行われ、TS050 HYBRID 7号車が優勝、8号車が2位で完走し、TOYOTA GAZOO Racingは今季3勝目を1-2フィニッシュを飾った。

 

 

2台のTS050 HYBRIDは、今回のレースもハイブリッド・パワー及び1周あたりの燃料使用量を制限されるサクセス・ハンディキャップの条件下でレースに臨んだ。レースはスタート直後、最前列のレベリオン1号車とジネッタ5号車が接触からスピンを喫し、3番手スタートで直後にいたブエミ選手の8号車は、この影響で車体左前に軽いダメージを負い10位へと後退し、アクシデントをかわしたコンウェイ選手の7号車が首位に立った。

 

セーフティカー走行からのレース再開後、ブエミ選手は10周目には3位へと順位を上げ、首位のコンウェイ選手の7号車は後続との差を30秒にまで拡げ、最初の給油のためピットへと向かった。3位の8号車ブエミ選手は、最初のピットでダメージを負った車両前部の交換を余儀なくされ、4位へとポジションを落とした。

 

その後、8号車のブエミ選手はコース復帰後、ジネッタ6号車との激しいバトルの末に、43周目には3位へと浮上した。レースが1時間半を経過したあたりで2台のTS050 HYBRIDはタイヤ交換とドライバー交代のためにピットインし、7号車はコンウェイ選手から小林選手へ、8号車はハートレー選手に交代した。2時間半が経過する頃には、2位のレベリオン1号車がトラブルで5分ほどのピットインで、ハートレー選手の8号車が2位へ上がり、TOYOTA GAZOO Racingの1-2体制となった。

 

TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは、トラブル無く残りのレースを走り切り、1,390kmに渡ったレースを制した。マイク・コンウェイ選手、小林 可夢偉選手、ホセ・マリア・ロペス選手の3名が駆るTS050 HYBRID 7号車がトップでチェッカーを受け、今季2勝目。ドライバーズランキング争いでも再び首位に立った。7号車に対し1周あたり0.21秒重いサクセス・ハンディキャップで今大会に臨んだセバスチャン・ブエミ選手、中嶋 一貴選手、ブレンドン・ハートレー選手のTS050 HYBRID 8号車が2位で続き、チームは今季4戦目にして3度目の1-2フィニッシュという結果となった。

Tagged