ブリヂストン、運転時の「疲れにくい」を実現した新商品「プレイズ Playz PXⅡ/PX-RVⅡ」を2020年2月に発売

自動車関連用品

ブリヂストンは、運転時のハンドルのふらつき抑制や運転中に無意識に溜まる”ストレス”を軽減することで「疲れにくい」を実現した、「Playz(プレイズ)」ブランドの新商品「Playz PXⅡ」「Playz PX-RVⅡ」を2020年2月から発売する。「Playz PX-RVⅡ」はミニバンの特性を考慮し、設計したミニバン専用パタンを採用している。両パタンの発売サイズは、14~20インチの全71サイズで、全てメーカー希望小売価格を設定。

 

運転中のドライバーは、路面の段差や凹凸等の影響を受けて無意識に微細なハンドル操作を行っており、この操作がドライバーにストレスを蓄積させ、疲れの一因になっている。「Playz」ブランドは、タイヤのIN側とOUT側のサイド部を異なる形状とするブリヂストン独自技術「非対称形状」を搭載し、ハンドルのふらつきを抑制することで、「疲れにくい」を実現し、ドライバーの更なる安全・安心に貢献するとしている。

 

今回発売する「Playz PXⅡシリーズ」は、従来品でも評価を得ていたウェット性能を更に進化させた。タイヤは摩耗すると溝による排水性が弱まり、特にウェット性能が大きく低下する点に着目し、「シリカ配合ウェット重視ゴム」と、ブリヂストン独自技術「ULTIMAT EYE(アルティメット アイ)」を駆使した接地形状の適正化により、溝に頼らないウェット性能の強化を実現した。これにより、「Playz PXⅡシリーズ」は、新品時のウェットブレーキを従来品比5%短縮しただけでなく、摩耗によるウェット性能の低下を抑制することに成功した。また、ゴムとトレッドパタンの最適化により、摩耗寿命を従来品と比べ11%向上した。