マツダ・CX-5の一部改良を実施 AWDの悪路走破性をさらに強化

自動車 業界ニュース

マツダは、クロスオーバーSUV「CX-5」を商品改良しAWDの悪路走破性を強化するとともに、アクティブなライフスタイルをサポートするアクセサリーパッケージ「TOUGH-SPORT STYLE(タフ スポーツ スタイル)」と、明るく上品な内装とした特別仕様車「Silk Beige Selection(シルク ベージュ セレクション)」を新たに設定し、2020年1月17日より発売すると発表した。

今回の改良では、AWD車に悪路でもスムーズな脱出をサポートするオフロード・トラクション・アシストを採用し、AWDの走破性を強化。悪路における想定外のスタック時にも、AWDとトラクション・コントロール・システム(TCS)の協調によって接地輪への駆動力伝達を最大化して、悪路からのスムーズな脱出をサポートし、さまざまな路面環境において安心・安全の走行性能を提供する。加えて、ステアリングシフトスイッチの標準装備により、走る楽しさを向上させた。

TOUGH-SPORT STYLEは、SUVらしい力強くタフな印象のスタイリングを演出するフロント/リアアンダーガーニッシュ、ルーフレールと、アクティブなライフスタイルを支援するオールウェザーマット、ラゲッジトレイをセットとしたアクセサリーパッケージとなっており、価格125,500円。

Silk Beige Selectionは、インテリアを明るく上品に彩るシルクベージュカラーのハーフレザレットシートをはじめ、LED室内照明、LEDフロントフォグランプ、IRカットガラスを専用装備としている。

このほか、「PROACTIVE」をベースにして、助手席シートが回転し昇降するリフトアップ機構を備えた助手席リフトアップシート車を今回の商品改良においても継続して設定。付属のワイヤレスリモコンやシート両側のスイッチ操作で、高齢者や身体の不自由な方の乗り降りをサポートする。

価格は261万8000円~397万6500円。