ボッシュとメルセデス・ベンツ、米サンノゼで自動運転配車サービスの実証実験を開始

業界ニュース

ボッシュとメルセデス・ベンツは、米サンノゼで自動運転配車サービスの実証実験を開始したと発表した。サンノゼのシリコンバレーにおいて、メルセデス・ベンツSクラスの自動運転車両を用いたアプリベースの配車サービスに向けた、両社による実証実験を開始し、セーフティドライバーの監視のもと、自動運転車両がサンノゼ西部と都心部間のサンカルロス通りとスティーブンス・クリーク通りを定期往復する。

 

上記サービスは、開始当初は特定のユーザーのみを対象としており、ユーザーは、ダイムラー・モビリティAGが開発したアプリを使用し、決められた乗車地点から目的地まで、Sクラスの自動運転車両による走行を予約することが可能となっている。ボッシュとメルセデス・ベンツはこの試みにより、高度・完全自動運転(SAEレベル4/5)システムのさらなる開発に向け、有益な知見が得られること、また、公共交通機関やカーシェアリングを含む複合的なモビリティシステムに、どのように自動運転車両を統合できるかについても、さらなる知見が得られると期待していると述べた。

 

ボッシュとメルセデス・ベンツは、約2年半、都市部の自動運転のためのソリューションに共同で取り組んでおり、両社の共通の目的は、高度・完全自動運転(SAEレベル4/5)システムによる、車両管理用ソフトウェアを含む無人の完全自動運転車両だが、両社の関心はプロトタイプではなく、様々な車種やモデルに組み込むことができる、量産向けシステムを開発したいと述べている。両社は、車両の動きを制御するソフトウェアの開発段階において、人工知能や試験走行距離の記録のみに頼らず、シミュレーションや特別に設計された性能試験場も使用することで、特に道路交通では稀にしか起こらないような運転状況への対応にも取り組んでいる。

 

さらに、自動運転配車サービスの実証実験のために、ボッシュとメルセデス・ベンツは、ダイムラー・モビリティAG社をパートナーに迎え、同社は、実証実験段階において欠かせないフリートプラットフォームの開発とテストを担当する。これにより、配車サービスを提供しようとするパートナー企業・団体は、自動運転(メルセデス・ベンツ)車両を彼らのサービスラインナップに組み込むことが可能になる。このプラットフォームは、自動運転車両と従来の車両の両方を、業務と保守も含めて管理する。2019年秋、サンフランシスコの湾岸地帯で、従来型メルセデス・ベンツ車両のためのアプリベースのモビリティサービスが稼働を開始しており、ドイツの首都ベルリンでも利用可能なサービスとなっている。