INTERSECT BY LEXUS、クリスマス限定コース「ナターレディナーコース」のコース内容を決定

業界ニュース

INTERSECT BY LEXUS では、12月23日(月)~25日(水)の3日間、INTERSECT 2F BISTROで提供するクリスマス限定コース「ナターレディナーコース」のコース内容を決定したと発表した。

 

今年のクリスマスは、日本人オーナーシェフとして初の「ミシュラン・イタリア」の星を獲得した徳吉洋二シェフが担当する。徳吉洋二シェフは、2019年2月東京・神保町で開業した「ALTER EGO」が先月発表された「ミシュランガイド東京2020」にて一つ星を獲得したイタリア・日本、二カ国でミシュラン星を持つ今注目の鬼才で、メニューの特徴は、日本の素材を活かしたイタリア料理。

 

“ナターレ”とはイタリア語でクリスマスを表す言葉で、「ナターレディナーコース」は日本の食材でイタリアのクリスマスを再現する、徳吉シェフ完全オリジナルの全8品のコースとなる。提供内容もイタリアのクリスマスの慣習に則り、23日(月)・24日(火)は魚料理、25日(水)は肉料理をメインとし、各コースは、徳吉シェフのもう一つの特徴とも言えるスープペアリングのスタイルで提供される。なお、コースは電話にて予約が可能で、予約は先着順、席が埋まり次第受付終了となる。

 

◆徳吉洋二シェフ プロフィール

1977年鳥取県生まれ。18歳で故郷を離れ、東京の調理師専門学校卒業後、イタリアに渡る。モデナの「オステリア・フランチェスカーナ」へ。わずか1ヵ月でメニューの制作から料理を作るまで、すべてを手掛けるスーシェフとなり、当時ミシュラン一つ星だった同店を、2006年に二つ星、2012年に三つ星へ引き上げた。2013年に退職後、ミラノで自身のレストラン「Ristorante Tokuyoshi(リストランテトクヨシ)」をオープン。イタリアの食材と日本の文化をうまく融合させた料理は人気を呼び、2015年12月、日本人オーナーシェフとして初のミシュラン一つ星を獲得。2019年2月4日には、東京の神保町の路地裏に8席のレストラン「Alter Ego(アルテレーゴ)」をオープン。日本の食材をふんだんに使用し日本とイタリアのバランスを重視したミラノでは出会えない料理を提供している。

 

 

【INTERSECT BY LEXUS – TOKYO クリスマスディナーコース概要】

  • 名称   :ナターレディナーコース
  • 予約開始:2019年11月1日(金)より
  • 予約方法:電話にて受付 / TEL:03-6447-1540  受付時間:09:00-23:00
  • 実施日時:2019年12月23日(月)~12月25日(水)
  • 内容  :日本の食材でイタリアのクリスマスを体験するクリスマスディナーコース     魚料理:2019年12月23日(月)、12月24日(火)
    肉料理:2019年12月25日(水)
    両日スープペアリングあり
  • 場所  :INTERSECT BY LEXUS – TOKYO(東京都港区南青山4-21-26)2F BISTRO
  • 価格  :25,000円(税込)スープペアリング含む ※一人あたり