BMW、「3シリーズ セダン」が二つのカー・オブ・ザ・イヤーをダブル受賞

業界ニュース

ビー・エム・ダブリューは、「3シリーズ セダン」が、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会主催の「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」と、NPO法人日本自動車研究者ジャーナリスト会議主催の「RJCカーオブザイヤー・インポート」をダブルで受賞したことを発表した。

 

2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーは、2018年11月1日から2019年10月31日までに発表または発売された多くの国産車、輸入車が選考対象となるが、「3シリーズ セダン」は一次選考において、上位10モデルとなる10ベスト・カーに選出され、そして、12月6日に開票が行なわれた最終選考会において、「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」に輝いた。

 

また、NPO法人日本自動車研究者ジャーナリスト会議主催のRJCカーオブザイヤーにおいても、RJCカーオブザイヤー・インポートを受賞している。「3シリーズ」は、先代モデルとなる第6世代においてもカー・オブ・ザ・イヤーをダブル受賞しており、二世代続けてのダブル受賞となるのは、国産車、輸入車含め日本初となった。