日産、「デイズ」「スカイライン」が2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて「スモールモビリティ部門賞」「イノベーション部門賞」を受賞

業界ニュース

日産は、2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、「日産デイズ」が「スモールモビリティ部門賞」を、「スカイライン」が「イノベーション部門賞」を受賞したと発表した。

 

日産の星野 朝子 執行役副社長は、「『技術の日産』が生み出した二台の新型車が、栄誉ある日本カー・オブ・ザ・イヤーの二つの賞を同時に受賞できたことを大変誇りに思います。従業員一同を代表し、日本カー・オブ・ザ・イヤー関係者の皆さまに厚く御礼申し上げます。『デイズ』と『スカイライン』は発売以降、お客さまから大変ご好評をいただいておりますが、今回の受賞によって、その商品力・技術力が証明され、今後さらに多くのお客さまに両モデルの魅力をお届けすることができると確信しています。この受賞を糧に今後とも、「ニッサン インテリジェント モビリティ」がもたらす素晴らしい商品をお客さまにお届けして参ります」とコメントした。