最新ディスプレイオーディオでナビアプリやサブスクを使うとどのくらい通信量がかかるのか調べてみた!

コラム・特集

2019年9月17日に販売が開始された新型カローラツーリング。国内トヨタ初となる「ディスプレイオーディオ(DA)」を標準搭載しています。

スマホとクルマが繋がることで、新しいナビ体験ができるディスプレイオーディオは魅力的です。利用するユーザーとして気になるのは、ディスプレイオーディオを使うことでスマホが速度制限にかからないのかと言うところです。

大手キャリアから大容量プラン等も登場していますが、多くのユーザーは月に数GBを契約したライトユーザーです。そんな小容量を契約したユーザーの不安を解決すべく、ディスプレイオーディオでナビアプリやサブスクを使うとどのくらい通信量がかかるのか調べてみました。

■通信量と通信料金の違いについて知っておこう!

ディスプレイオーディオを利用した場合に100%かかるのはデータ通信量です。データ通信量は、インターネット、メール、アプリなどをスマートフォンで使う際にかかるもので、最近は動画を見たりオンラインゲームをする人も多いのではないでしょうか。その他にも、常に通信を必要とするアプリは、データ通信量が多くかかります。

契約容量ごとに変わりますが、契約しているデータ通信量プランの上限を超えると通信制限がされ、通信速度が極端に遅くなります。

また、最近の携帯会社の通信プランは、ほとんどの場合が定額制のいわゆるパケットし放題プランになっていますが、中には通信をした分だけ料金がかかるプランも存在しています。

ディスプレイオーディオを使う上で、自分のスマホの契約している通信量と料金プランについて理解しておくことが大切だと言えます。もし不安な場合は、是非一度お近くの携帯ショップ等での確認をおすすめします。

■ディスプレイオーディオでナビアプリを使うと通信量はどのぐらい使われるのか?

ディスプレイオーディオを使うとナビアプリの通信量はどのぐらい使われるのかを検証しました。出来るだけ条件は一致させて行いましたが、利用環境により多少結果が異なるのであくまで参考程度に考えてください。

今回の通信量テストでは、お台場から東京ビッグサイト間約3km、ナビ推奨ルートで約10分の距離をひたすら往復しながら計測しました。今回はできるだけ正確な数値を計測したいので、通信量は毎回リセットをしてゼロの状態から、細かく使うアプリとディスプレイオーディオで使用するシステムまで分けて計測しました。

計測結果は以下のとおりです。

利用したナビ 開始時の通信量 到着時の通信量 使用したシステム
GoogleMap 0MB 3MB Android Auto
Yahoo!カーナビ 0MB 6MB CarPlay
Appleマップ 0MB 3.7MB CarPlay
LINEカーナビ 0MB 38.1MB Smart Device Link
TCスマホナビ 0MB 27MB Smart Device Link
Smart Device Link+LINEカーナビ

結果からお伝えすると、最も通信量を消費する組み合わせは「Smart Device Link+LINEカーナビ」です。次いで多いのは、Smart Device Linkを利用したTCスマホナビでした。これはあくまで推測ですが、Smart Device Link利用時はケーブルだけではなく、Bluetooth接続もしていることが影響しているように感じました。

Android AutoやCarPlayでは、ナビアプリを利用してもそれほど通信量を消費しないため、あまり不安に感じる必要はありません。Smart Device Linkについては、思ったよりも、通信量を消費するため、ナビを12時間利用で約3GBを消費する計算になります。

大容量プランを契約されている方であれば問題ないですが、格安SIMなどで低容量プラン(1GBや2GB)を契約されている方がSmart Device Linkを利用すると、通信制限にかかる可能性があるかもしれません。

繰り返しになりますが、利用環境により通信量は異なるので、上記の結果はあくまで参考程度に考えてください。

■ディスプレイオーディオで音楽(サブスク)アプリを使うと通信量はどのぐらい使われるのか?

最近ではサブスクリプションと呼ばれる音楽定額サービスが流行っていることもあり、スマホ本体に音楽を入れて持ち歩く方も少なくなっているのではないでしょうか。ディスプレイオーディオでも使える音楽アプリを利用すると通信量がどのぐらい使われるのかを検証してみました。

約5分間の再生でどのぐらいの通信量を利用するか、開始時毎回リセットをしてゼロの状態から、細かく使うアプリとディスプレイオーディオで使用するシステムまで分けて計測しました。

計測結果は以下のとおりです。

利用した音楽アプリ 開始時の通信量 到着時の通信量 使用したシステム
YouTube Music 0MB 13MB Android Auto
Amazon Music 0MB 7.4MB CarPlay
Spotify 0MB 8.7MB CarPlay
Amazon Music 0MB 5.9MB Bluetooth
Spotify 0MB 13MB Bluetooth

検証結果から、初回起動時や曲が変わるタイミングでデータ通信量が増える傾向がありました。ディスプレイオーディオでも使える音楽アプリを利用すると、一曲再生する毎に平均3-4MBの通信量がかかります。

ナビアプリとは違い常時通信をしているわけではないので、利用したシステムに関係なく曲再生に必要な通信量はある程度一定でした。

通信量は一定で決まっていますが、長旅にナビと併用して音楽再生を長時間続けると、データ通信容量が増えます。ナビアプリ同様に低用量プランに加入されている方は、注意が必要です。

■最新ディスプレイオーディオを使うなら「通信量」にも注意!

今後、トヨタから発売されるクルマのカーナビは順次「ディスプレイオーディオ(DA)」を標準搭載していくと言われています。ディスプレイオーディオは、使いこなせれば、スマホのように使える便利さがあります。ただ、使う上で注意点をユーザー自身が知っておく必要があると改めて感じました。

特に、ユーザー側が利用できる”通信”については、契約するキャリアのプラン毎に使える通信容量は決まっています。それを超えると制限がかかり低速通信になります。制限がかかると、一般利用にも影響するので不便です。

今後ディスプレイオーディオが普及する上で、クルマ専用の使い放題プランやeSIM等が出て来れば、日常利用するスマホと分けた使い方ができるようになり、ユーザー側も安心して使えるのではないでしょうか。今後の課題とそれに伴う進化を期待できる部分も多く、引き続き調査していきたいと思います。

関連記事はこちら

[ちえほん]

ガジェットブログ×YouTube!ガジェット・スマホが大好きで日々最新のモノを追っています。外部ライターとしても活動中、国内の有名メディア等への寄稿もしております。

https://www.mobile-com.net/

おすすめ記事

Tagged