トーヨータイヤ、トラック・バス用低燃費リブタイヤ「ナノエナジー M176」を発売

自動車関連用品

トーヨータイヤは、転がり抵抗を自社従来品比で約9%低減し、車両の燃費性能向上に寄与するトラック・バス用低燃費リブタイヤ「NANOENERGY M176(ナノエナジー エム イチナナロク)」を開発し、新商品として2020年1月より日本国内市場で順次発売する。価格はオープン価格。

 

一般的に走行中の自動車のタイヤは、回転して路面を進む際、接地摩擦などの抵抗を受けることにより、ゴム内部でエネルギーロスが発生する。ゴム内部でエネルギーロスの発生を抑えると転がり抵抗が良化するため、タイヤそのものの低燃費性能は向上するが、相対的に耐摩耗性能は悪化することになる。

 

トーヨータイヤは、独自のプロセス技術により、ゴムコンパウンドのエネルギ-ロスを約20%低減できるポリマー「Nano Composite Polymer(ナノ・コンポジット・ポリマー)」を開発し、国内向け商品としては初めて「NANOENERGY M176」に採用した。タイヤの転がり抵抗低減への寄与度が最も高いキャップトレッド部、およびベーストレッド部に、この独自開発ポリマーを使用することによって優れた低燃費性能を実現すると同時に、高い耐摩耗性能を維持している。さらに、経済性や耐久性、低燃費性能や環境性能をバランスよく向上させる、トーヨータイヤ独自のトラック・バス用タイヤ基盤技術「e-balance(イーバランス)」を活用し、トラック・バス用タイヤに求められる複数の性能特性を高次元で満足させた製品を実現している。

 

トーヨータイヤは、中期経営計画「中計’17」において、トラック・バス用タイヤの国内向け低燃費商品の投入を成長戦略の一つとして掲げて取り組んでおり、高い耐摩耗性能を維持しながら、背反する低燃費性能をより向上させた「NANOENERGY M176」は、トラック車両、バス車両の燃費改善に寄与するとともに、車両から排出されるCO2の削減にも貢献できるものとなる。トーヨータイヤは、専門的に蓄積してきた知見を活かし、カスタマーの課題解決、社会の要請に応えるトラック・バス用タイヤの開発と普及に今後とも注力していくと述べた。

おすすめ記事

Tagged