日産、「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム」のサービスを改定

業界ニュース

日産自動車は、同社の電気自動車(EV)オーナー向けの充電サポートプログラムである「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム」(以下、ZESP)のプログラムを改定し、「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3」(以下ZESP3)として今月16日より加入受付を開始すると発表した。

ZESPは、日産販売店舗および高速道路SAやコンビニ等に設置された日本充電サービス(以下NCS)が運営する全国約6,900基の急速充電器を利用できる充電サポートプログラムで、2010 年の初代リーフ発売に合わせてスタート。現在では、リーフを購入した約9割のユーザーが現行プログラムであるZESP2に加入している。

今回改定する「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3」では、利用ニーズに合わせて選択できるようにプログラム内容と料金体系を改定。ZESP3は、新車、中古車を問わず利用が可能となっている。

<料金プラン>
ZESP3では、月額500円(税別)にNCS充電スポットを使った分だけ料金を支払う従量課金制の「シンプル」プランと、月額4,000円~10,000円(税別)の基本料金に、急速充電器の無料充電回数をパッケージ化した「プレミアム」3プランの計4プランから選択可能。また、プレミアムに加入し3年間の定期契約をすると、月額の基本料金から毎月1,500円(税別)が割引される。

なお、ZESP3では、各プラン共通のサービスとして、レンタカーご利用の際に基本料金(税別)が最大50%割引となる「日産レンタカー割引サービス」も提供する。