日産・ルノー・三菱自、アライアンスの経営効率加速するためのアライアンス事務局長を任命

業界ニュース

日産、ルノー、、三菱自動車は、11月28日に、フランス・ブローニュ=ビヤンクールにて、アライアンス オペレーティング ボード の月例会議を開催した。会議には、アライアンスオペレーティングボード議長およびルノー会長 ジャンドミニク スナール氏、日産自動車次期CEO 内田 誠氏、三菱自動車取締役会長 益子 修氏、ルノーCEO代行 クロチルド デルボス氏、三菱自動車CEO 加藤 隆雄氏、日産自動車次期COO アシュワニ グプタ氏、ルノー副CEO代行 ホセ ビンセント デ ロス モゾス氏、ルノー副CEO代行 オリビエ ミュルゲ氏が出席した。

 

会議では、今後アライアンスとして取り組むべき課題に関する相互認識や、アライアンスの効率向上について深く議論し、その結果、アライアンスの経営効率を大幅に向上、促進すべき3社の重要プログラムについて、全会一致で合意した。これらのプログラムには、各社の戦略や利益に対し、アライアンス効果の最大化を図る具体的計画などが含まれている。

 

上記の第一歩として、アライアンス オペレーティング ボードの事務局長を近日中に任命することを決定した。 アライアンス事務局長は、メンバー各社の事業効率の加速を目的に今後始動する主要なアライアンスプロジェクトの調整及び進行役を務める予定としている。事務局長は、アライアンス オペレーティング ボードおよび各社CEOにレポートするとしている。

おすすめ記事

Tagged