アウディ、V10エンジン搭載モデルのデビュー10周年を記念した限定モデル「R8 デセニウム」納車式を富士スピードウェイで実施

業界ニュース

アウディ ジャパンは、フラッグシップスポーツモデル「R8」のV10エンジン搭載モデル、デビュー10周年を記念した限定モデル「R8 Decennium」の納車式を、注文したユーザー5組8名を迎えて、11月26日に富士スピードウェイで実施した。納車式では、アウディ ジャパン 代表取締役社長 フィリップ ノアック氏が、オーナーへ限定車証明書を車両とともに授与した。また、先週末行われたSUPER GT X DTM特別交流戦に参戦したばかりのレーシングドライバーのブノア トルレイエ選手がゲストとして参加して、Audi R8のパフォーマンスを語った。

 

 

「Decennium(デセニウム)」はラテン語に由来する言葉で「10年」を意味し、「R8」のV10エンジン搭載モデルの10年にわたる成功を意味しているとのこと。初代「R8」がデビューしたのは2006年で、当初は4.2ℓエンジンを搭載していたが、2009年に5.2ℓエンジンを搭載した「5.2 FSI quattro」を追加しており、ここでV10エンジンの歴史がスタートした。

 

今回納車式を行ったR8 Decenniumは、Audi Sport GmbHの責任のもと、高度なスキルをもった従業員によってそのプロセスの多くは手作業で行われ、世界限定222台のみの生産で、日本国内はわずか10台のみとなる。