MINI史上最速モデル「MINI ジョンクーパーワークス GP」、限定240台で受注開始

イベント

ビー・エム・ダブリューは、全世界限定3,000台のみを生産するMINI史上最速モデルとなる「MINI John Cooper Works GP(ミニ・ジョン・クーパー・ワークス・ジー・ピー)」の予約注文の受付を、全国のMINI正規ディーラーで11月20日より開始した。なお、納車は2020年夏頃より順次開始する予定としており、日本へは限定240台の導入となる。

 

 

【MINI史上最強となるMINI ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載】

「MINI John Cooper Works GP」は、「MINI John Cooper Works」搭載エンジンに、クランクシャフトやベアリング、ピストン、コネクティング・ロッド、バイブレーション・ダンパーを最適化し、さらに、オイル供給やクーリング・システムを最適化した直列4気筒MINIツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。ベースモデルとなるMINI John Cooper Worksより最高出力を75PS(55kW)アップさせ、最高出力306PS (225kW)、最大トルク450Nmを発揮する。

 

また、搭載される8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションは、トルセンLSD(機械式リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)と組み合わされ、サスペンションは「MINI John Cooper Works」モデルより10mm下げ、スポーツ・ブレーキ・システムを採用している。エンジン・マウント、ボディ構造、フロント・アクスルからリア・アクスルに至るサスペンション・システムの構造を再設計し、さらにボディ剛性を高めた事により、0-100km/hは僅か5.2秒を実現するなど、サーキットにおける走行性能を最大限まで高められている。

 

【エアロ・ダイナミクスを実現するエクステリアとレーシング・スタイルを備えたインテリア】

ボディ・カラーは、専用に開発された「レーシング・グレー・メタリック」を採用し、ルーフとミラー・キャップのメルティング・シルバーがアクセントとなっている。また、ワイドなトレッド、大きなフロント・エプロン、張り出したホイール・アーチ・カバーのフロント・デザインと、車両正面からも見えるリア・スポイラーなどエアロ・ダイナミクスを実現するデザインとなっている。さらに、ボンネット上のエア・スクープや、「GP」のロゴがあしらわれたラジエター・グリルなど、John Cooper Works 特有のスポーティな装備を採用しているほか、サイドに装備されたホイール・アーチ・カバーは、軽量素材であるカーボン・ファイバーを使用してハンド・メイドで成型され、あえて繊維の編込みが見えるデザインとなっている。リアの大型のリア・スポイラーは、圧倒的な走行性能を支える空力性能を備えている。

 

内装では、レーシング・スタイルを採用しており、先代モデルと同じくリア・シートを装備せず、フロント・シートの後ろにはクロス・バーのみをシンプルに採用することで、レースの雰囲気を演出している。さらに、六角形の模様が刻まれた金属性のシフト・パドルや、ステアリング・ホイールのスポーク部と助手席周りのインテリア・トリ
ム・ストリップなど、3D プリンターによって成形したパーツを採用しているほか、トリム・ストリップには各車両固有のシリアル・ナンバーが刻印されている。

 

価格(消費税込):576万円