BMW、車載カメラをドライブ・レコーダーとして利用する機能をBMWの中核モデルに対してオンライン販売

業界ニュース

ビー・エム・ダブリューは、新たにフロント・ウィンドウにカメラを装着することなく、一部車両に標準で搭載されているパーキング・アシスト機能用の車載カメラを、ドライブ・レコーダーとして利用する機能を、BMWの中核モデルに対してオンライン販売する。

 

現在多くのBMWモデルには、ドライバーの駐車操作をサポートするパーキング・アシスト機能が装着されているが、今回導入のドライブ・レコーダーは、その上位機能であるパーキング・アシスト・プラス搭載車両に車載されている前後左右の車外カメラを利用して、後付オプションとする。

 

今回導入のドライブ・レコーダーは、BMWが提供するConnectedDriveストアを経由して該当車両にオンライン販売を実施し、ドライバーが車両購入後の任意のタイミングに機能を追加することが可能となる。購入に際しても、試用に相当する1ヶ月から、無期限まで、ユーザ-の希望に応じて4通りの期間を選択することが可能となっている。本ドライブ・レコーダーは、エアバッグが作動するような大きな衝撃を受けた際、最大でその前後20秒、合計40秒間、車両の周囲360度を自動的に記録し、さらに、マニュアル操作でも、最大40秒間、同様に車両の周囲360度を記録することが可能。

 

対象モデルは、新型3シリーズ(パーキング・アシスト・プラス装着車のみ)、新型7シリーズ、新型8シリーズ、新型X5、新型X7。