NISMO Festival at Fuji Speedway 2019の概要を発表

イベント

日産自動車とニッサン・モータースポーツ・インターナショナルは、12月8日に富士スピードウェイ(静岡県駿東郡)で開催するファン感謝イベント「NISMO Festival」のイベント概要を発表した。

今年で22回目の開催を迎えるNISMO Festivalは、日産が誇るGT-RとZの誕生50周年を記念し、NISMO Festivalでもその歴史を振り返る。GT-Rは、1969年にJAF GPで優勝したハコスカから、人気のグループA仕様のR32 GT-R、そして最新のSUPER GTを戦った車両、フェアレディZではレースカーからロードカーまで、多数の車両が登場する。また「Nissan Intelligent Mobility」を体現した最先端のFormula EカーやNissan LEAF NISMO RC等、日産/ニスモを代表するクルマが一堂に会し、カテゴリーや時代の枠を超えた展示やデモ走行を行う予定となっている。

さらに、今年はチューニングカーによるタイムアタックイベントや、GT-RやZのオーナーを対象とした「オーナーズパーキング」など、「参加する楽しみ」と「見る楽しみ」を兼ね備えたイベントも開催する。

NISMOの社長で、日産のNISMOロードカー事業を統括する片桐 隆夫氏は、「NISMO Festivalは私たちが大事に育ててきたイベントです。今年もファンの皆様、ドライバーや監督、チームスタッフの方々と私たちニスモ社員とで楽しい一日を作り上げていきますので、ぜひ多くのお客さまにご参加いただきたいと思います」とコメントした。

会場では、コースイベントやトークショーの開催に加え、毎年人気の高い限定品などを販売するブースの設置、さらにファミリーで楽しめるキッズコンテンツも予定している。

イベント名: NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2019
日程: 2019年12月8日(日)
時間: 8:00~17:00 (予定)
場所: 富士スピードウェイ(静岡県駿東郡)
主催: ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社
後援: 日産自動車株式会社
概要(予定): レーシングカー走行/展示、トークショー、キッズ向けコンテンツ、
オーナーズパーキング、出展各社PR/物販ブース
出演者(予定): 長谷見 昌弘、星野 一義、近藤 真彦、柳田 春人、和田 孝夫、鈴木 利男、本山 哲、
松田 次生、ロニー・クインタレッリほか、日産系ドライバー多数
日産系チーム レースクイーン 等
入場料: 前売り 2,000円 (当日 2,500円) 中学生以下・65歳以上は入場無料
駐車料金: 1,700円(4輪)、900円(2輪)

 

おすすめ記事

Tagged