水素燃料電池車「ミライ」をオリックスカーシェアに導入

業界ニュース

オリックス自動車は、2019年11月19日から、カーシェアリング車両に水素を活用した燃料電池自動車(FCV)トヨタ「MIRAI」を導入すると発表した。2019年12月末までに東京都内のオリックスカーシェア36拠点に計36台を配備する予定としている。

今回の「ミライ」の導入は、東京都環境局が実施する「レンタカー・カーシェアリングにおけるZEV導入促進事業」において、オリックス自動車が燃料電池自動車の導入事業者としてカーシェアリング事業を実施するもので、より多くのカスタマーに「MIRAI」の乗り心地を気軽に楽しんでもらうために、2019年11月19日から2021年3月31日までの間、15分150円からと「オリックスカーシェア」の通常料金(デラックスクラス)の約50%オフで提供する、「水素自動車MIRAIキャンペーン」を実施する。