【ワンダー速報】何もかもが規格外!テスラモデル3試乗インプレッション

試乗レポート

■ようやく食指が動くサイズになったテスラ

2019年6月にデビューした、テスラのモデル3に試乗させていただきました!私はマンション暮らしなので、EVは充電の問題で購入対象外だったんですが、興味はあるんですよね。

でも、今までのテスラ車はボディサイズも大きすぎてさらに購入対象にならなかったんですが、今回のモデル3はようやく日本の道路事情にもマッチした、現実的なサイズで登場しました。

比較的大人しめのエクステリアとは裏腹に、内装や走りは今までの自動車の概念を破壊するほどの規格外のモンスターだったので、その驚きをレポートします!

一見ポルシェのようにも見えるモデル3のエクステリア

■エクステリアの見た目は比較的地味め?

まずはテスラモデル3のエクステリアから見てみましょう。

モデル3のエクステリアは、ちょっとポルシェっぽい見た目ながら、未来感満載のギミックが多数仕掛けられています。

ボディの至るところにカメラがあったり、アウタードアハンドルも隠されるデザインになっていたり、「まさかそんなところが開くなんて!?」って場所に充電ソケットがあったり、驚きの連続です。

リアもそれほど奇抜ではなくオーソドックスな印象

 

ただし、ボディの細かいチリがあっていなかったりするのは、アメ車品質なのかもしれません。

オーナーさんに聞いた所、これでもだいぶマシになっているのだとか。

フロントフェンダーにあるエンブレムに見える部分はカメラが仕込んである

ボディサイズは、全長4,695mm×全幅1,850mm×全高1,445mmと、立体駐車場にも入っちゃうサイズなので、都市部での取り回しや駐車場事情もクリアできそうです。

テスラモデルSやモデルXも魅力的なのですが、モデルSのボディサイズは全長4,970mm×全幅1,964mm×全高1,445mm、モデルXのボディサイズは全長5,036mm×全幅1,999mm×全高1,684mmと、全長5mやら全幅2mに迫るサイズは、さすがに日本の道路事情では厳しいと思っていましたが、ようやく現実的に乗りやすいサイズのテスラ車が出たなって感じです。

Bピラーにもカメラがあり、クルマの周囲をモニタリングする役割

■内装はミニマル。ドアノブもメーターも何もない空間

エクステリア以上に驚かされたのがモデル3の内装です。

シンプルを通り越して「何もない」と言う表現がピッタリのインテリアデザインです。

メーターはおろか、エアコンの風向を変えるツマミ、グローブボックスを開けるノブ、さらにはドアハンドルまで無い、超ミニマルなインテリアになっています。

ステアリングとモニター以外何もないミニマルを極めたインテリア。15インチのタッチ液晶で車両設定やエアコン、グローブボックスオープンなどほぼすべての操作を行う

あるのはダッシュボード中央にある15インチの横型モニターのみ。これをタッチしてすべてのクルマの設定や操作をすることができます。

最初に見て触ったときには戸惑いしかなかったです(笑)だって、ドアの開け方すらわからないんですから。ちなみにドアはドアノブにあるスイッチを押して開けるようになっています。

グローブボックスは、液晶モニターの中からグローブボックスを開けるという項目を選ぶと開きます。

さらにはエアコンの風向までモニターの中から変えます。

さすがにエアコンのルーバーくらいは手動で動かしたい気もしますが、徹底しているなぁと思いましたね。

でも、この超シンプルな内装デザインは、ある意味完成形なのだと思います。

国産メーカーではここまで突き抜けられなかったでしょうね。

おもちゃ箱には、ゲームや焚き火、ブーブークッションなどクルマの中でできる娯楽が入っている

そして、これも国産車ではあり得ない「おもちゃ箱」の機能。

なんと、オリジナルのゲームまでインストールされていて、ハンドルやアクセルブレーキを使って操作します(笑)

私にはゲキムズでしたが、一緒に行ったカー&レジャーの大崎さんはめちゃくちゃ上手かったです(笑)

ただ、ゲーム上でハンドルを動かすと、実際にモデル3のタイヤまで動いて据え切りになってしまうので、オススメできないかも^^;

ステアリングバイワイヤなら、ゲーム中はステアリングから切り離せばいいのにと思います。

ゲーム以外でも、おもちゃ箱にはブーブークッションや焚き火などの機能もあり、パッセンジャーを楽しませるギミックがいっぱいです。

実際のステアリングやアクセル・ブレーキと連動して操作するゲームも。

 

数々のクルマを所有したり試乗したりした私でしたが、テスラはそんな私でも新しい発見に出会えるワクワクを与えてくれました。

これはもはやクルマという概念を変える一台ですね。

内外装のインプレッションは以下の動画でも公開中!

■加速は酔うほどに速い!

驚きだったのは内装だけではありません。

そう、走りも度肝を抜かれました。

 

バッテリーがフロアに敷き詰められているせいか、ボディ剛性も高く、特にロードノイズや路面のザラつきなどの微振動はほぼカットされていて、どっしりとしたステアフィールとともに快適性は非常に高いです。

さらに、モーターのトルクも分厚く、同じEVであるジャガー・I-PACEなどと比較しても踏み込み量に対する出力はテスラのほうが上です。

I-PACEは常識の範囲内の加速でしたが、テスラモデル3は危ないと思えるほどの鋭い加速で、クルマの運転にある程度自信がない人は、運転しないほうが良いかもとすら思えました。

そして全開加速はさらにアドレナリンが全開になるほど、未体験の加速でした。

高速の合流でアクセルを床まで踏んでみましたが、本気で酔うほどに速いです!

というか実際に気持ち悪くなりました(笑)

そして同乗者にはむち打ち注意を促しておかないと、急激な加速で首がおかしくなるかもしれません(笑)

そのくらい異次元の加速感でしたね。

スーパーカーでも追いつけないほどの初速とはたしかに本物で、テスラモデル3の0−100km/hは3.4秒と、フェラーリ・カリフォルニアTの3.6秒や、ポルシェ911カレラS(992)の3.4秒など、名だたるスポーツカーと肩を並べるほど。

その上、EVなのでエンジンがないのでほぼ無音で加速していくのがまた異次元な感覚。テスラはいろいろとクルマの常識を壊してくれました。

EV故にフロントにもエンジンはなく、物入れになっている
■自動運転、オートパイロットも試してみた。

そして、テスラと言えば自動運転ですが、コラムシフトのレバーを下に2回クリックで簡単に作動するオートパイロットも試してみました。

この操作も簡便で良いですね。

ボタンが多すぎると使うのも覚えるのも説明するのも大変ですが、レバーを2回下に下げるだけでオートパイロットが起動するのでわかりやすいです。

その自動運転の精度や、周囲の車両のモニタリングも精度が高く、とても安心できるオートパイロットでした。

周囲のモニター状況はすべてディスプレイに表示されるので、割り込み車両や横をすり抜けるバイクなども認知されているのが確認できて、ドライバー的にも安心感がありました。

日本のテスラ車では、ハンズオフは解禁されていませんが、技術的には実装可能なんでしょうね。

テスラの場合、ソフトウェアアップデートで対応できるのも素晴らしい。

これも従来の車では考えられませんでした。

試乗インプレッションは以下の動画でも公開中!

■マンション暮らしじゃなければ買っていた。

今回の試乗コースの木更津には、テスラのスーパーチャージャーがあったので、充電も試してみました。

平日の昼間だと言うのに、充電スタンドには他にも2台のテスラ車(2台ともモデルSでした)がいました。

テスラ専用のコネクタなので、他のEV車は充電できないという仕様。テスラ車が優先的に使えるのはオーナーにとってはありがたいでしょうね。

テスラの充電スタンド。30分で270kmほど走れるまで急速充電可能。

スーパーチャージャーで30分ほど充電すると、270kmほど走れる程度にまで回復します。

マツダのMX-30や、ホンダのHonda-eの航続可能距離が200km程度とのことだったので、それよりは全然実用的。

このスーパーチャージャーが家の近所にあるなら、私もテスラの購入を検討するのですが、埼玉にはまだ1つも無いんですね。

ショッピングセンターなどにも併設されていたりもしますが、毎週行くわけでもないのでやはり一戸建てでもない限り、まだまだEVの購入はハードルが高いと思ってしまいます。

マンション暮らしでなければ、買っていたと思うほど、魅力あふれるクルマですね。

リアコンビネーションランプの端が開き、充電ソケットになっている

新しい物好きな人、ガジェット好きな人など、ぜひ一度テスラのクルマを見て触って試乗してみてください。

新しいおもちゃを得た子供のように、きっと物欲が刺激されるはずです。

 

このほかのワンダー速報の記事はこちら

[ドラヨス]
月間100万PVのブログ「ワンダー速報」と、月間100万再生以上のYouTubeチャンネル「ワンソクtube」の管理人。
クルマ買うチューバーを自称し、年に何台もクルマを購入してレビューするスタイルが好評。

ワンダー速報ブログ:http://drumsyos.blog.fc2.com/

 

おすすめ記事

Tagged