「メルセデス AMG CLA 45 S 4MATIC+/AMG CLA 45 S 4MATIC+ シューティングブレーク」の受注を開始

新車情報

メルセデス・ベンツ日本は、 「メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+」(以下、CLA 45 S 4MATIC+)と「メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+ シューティングブレーク」(以下、CLA 45 S 4MATIC+ シューティングブレーク)を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて、11月12日より注文受付を開始した。なお、納車は12月以降を予定している。

 

 

【完全新設計の2.0リッター直列4気筒ターボエンジンの「M139」を搭載】

「CLA 45 S 4MATIC+」 (以降シューティングブレーク含む)は、Aクラスと共に、最高出力421PS、最大トルク500N・mを発生する完全新設計の2.0リッター直列4気筒ターボエンジンの「M139」を搭載している。また、レスポンスや吹け上がりの改善も行い、レブリミットも高く、7,200rpmに設定するなど、ピュアスポーツカー並みのエンジン性能を備えている。このエンジンは、従来と異なり、ターボチャージャーとエグゾーストマニホールドがエンジン後方に、インテークマニホールドなどの吸気系がエンジンの前方に位置していることで、エンジン搭載位置を下げることにより、操縦性能に貢献するだけでなく、空力的にも有利なものとしている。

 

シリンダーブロックはクローズドデッキ構造を採用し、最大160barの燃焼圧を可能にしているほか、シリンダーライナーにはピストンとシリンダーの間に発生する摩擦を低減する目的で、特許技術のNANOSLIDE®のコーティングを施している。このコーティングはAMGのM156エンジンに初めて使われて以来、メルセデスのエンジンに広範に採用されているほか、フォーミュラー1用のエンジンにも採用されている。ターボチャージャーのコンプレッサーとタービンのシャフトには、AMG GT 4ドアクーペの63 Sに採用されている、ローラーベアリングを採用しており、ターボチャージャー内の機械的摩擦が低減され、ターボチャージャーのレスポンスが向上し、短時間で最高回転数に到達するようになった。

 

なお、エンジンはメルセデスAMG本社があるドイツ、アファルターバッハで“One man – one engine”という哲学のもと、厳格な品質基準に従って、ひとりのマイスターが一基のエンジンを 最初から最後まで責任を持って手作業で組み上げるという生産方式を採用している。

 

【パフォーマンス志向のトルク可変配分四輪駆動システムを採用】

パフォーマンス志向のトルク可変配分四輪駆動AMG 4MATIC+を採用しており、トルクの前後配分は、状況に応じて連続可変制御される。このトルク配分比は、前後100:0から50:50までの範囲で変化する。さらに、新型リアディファレンシャルに内蔵された「AMG TORQUE CONTROL」は、電子制御式の多板クラッチを2つ備え、それぞれが左右のドライブシャフトに接続されていいることで、前後だけでなく左後輪と右後輪の間でも状況に応じたトルク配分を行うことが可能となった。その結果、劣悪な路面状況下やサーキットにおける限界でのコーナーリングなどにおいても一貫して最適なトラクションが得られるようになった。

 

【ねじり剛性を高めたシャシーとサスペンション】

フロントセクションのねじり剛性を強化するためアルミニウムのプレートをエンジンルーム下部に設け、ストラットタワーバーなどで追加の補強を行っているほか、アンダーボディの前部と後部には斜めのストラットが増設され、剛性を高めている。これらにより、サスペンションシステム全体のレスポンスが正確になるとともに、コーナーリング時やブレーキング時、荷重変化時のボディのねじれが低減される。サスペンションは、すべてのコンポーネントに対して見直しを行い、許容される最大横加速度を高めるとともに、限界域における車両のコントロールも容易なものとしている。

 

オプション装備となる「AMG RIDE CONTROL サスペンション」は、サスペンションを制御する3つのモードをドライバーが選択することができ、快適志向からスポーツ性を強調したものまで、それぞれ異なるセッティングとなる。システムは走行状況や路面の状態に応じて各ホイールに対する減衰力を100%自動で調整し、走行快適性とアジリティを等しく高めることが可能となった。

 

【6つのドライブモードとAMG DYNAMICS】

「AMG DYNAMIC SELECT」には「スリッパリー(滑りやすい路面)」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツプラス」「レース」「インディビジュアル」の6つのモードがあり、これを切り替えることで、クルマのを快適性重視からレーシングカーのような特性まで、ドライバーが求める最適な制御に変化させることが可能となる。また、各ドライブモードと独立してESP®の設定を「ESP® ON 」、「ESP® SPORT Handling」、「ESP® OFF」の3パターンから選択可能で、走行安定性とアジリティのバランスを変更 することができる。

 

【空力性能を向上したエクステリアを採用】

エクステリアデザインでは、1952年メキシコで開催された伝説の公道レース、カレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝したレーシングカー「メルセデス・ベンツ300 SL」で初めて採用された、クロームメッキを施した垂直フィンの基本デザインのAMG専用ラジエターグリルを採用している。また、。フロントスプリッターは、前輪の前方でサイドエアカーテンに滑らかに移行しており、空気の流れを最適化することでエアロダイナミクス性能を改善し、Cd値を低減している。リアには、専用デザインの大型リアディフューザーとクローム仕上げで円形のデュアルエグゾーストエンドが採用されている。

 

インテリアにおいては、コックピット ディスプレイは「スーパースポーツ」を含むAMG専用の表示スタイルから選択可能となっているほか、フラットボトム型となるナッパレザー/DINAMICAの「AMGパフォーマンスステアリング」が装着されている。グリップ部にDINAMICAを採用し、レッドコントラストステッチとブラックのステアリングマークが施されたスポーティなデザインとなっている。標準のフロントシートは、ヘッドレストとバックレストが一体化したセミバケットタイプの スポーティなデザインとなっており、さらにAMGパフォーマンスパッケージを選択することでサイドサポートが高く、メルセデスAMGのトップモデルに採用される「AMGパフォーマンスシート」が装備される。

 

ほかにも、サーキット走行時に 80件以上の車両データ(車速、加速度など)を常時記録することが可能なAMGトラックペースも装備されている。

 

<価格(消費税込)>

  • メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+/856万円
  • メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+ シューティングブレーク/866万円

おすすめ記事

Tagged