スバルとソフトバンク、5GおよびセルラーV2Xを活用した安全運転支援や自動運転制御に関わるユースケースの共同研究を開始

業界ニュース

スバルとソフトバンクは、自動運転社会の実現に向けて、第5世代移動通信システム(以下「5G」)およびセルラーV2X通信システム(以下「C-V2X」)を活用したユースケースの共同研究を開始したと発表した。

 

スバルは、2030年に死亡交通事故ゼロを目指しており、独自の「総合安全」思想の下、これまでアイサイトで培ってきた先進安全技術をさらに進化させるために、「つながる技術」の研究開発にも取り組んでいる。また、ソフトバンクは、新たな体験や価値を提供するサービス・ソリューションの研究開発に取り組んでおり、MaaS事業の検討や5Gなどの最先端通信を活用したコネクテッドカーの実証実験も、その一環となる。

 

両社は今後共同研究を進め、今冬からスバル研究実験センター美深試験場(北海道中川郡美深町)のテストコースに、ソフトバンクの「おでかけ5G」(局地的に電波品質の高い5Gを提供できる可搬型設備)を設置し、ノンスタンドアローン標準仕様(LTEとの連携によって5Gの性能や機能をいち早く実現できるようにする仕様)の5Gネットワーク環境およびC-V2Xの通信環境を構築して、実証実験を行うとしている。この実証実験では、基地局と車両および車両と車両間で通信を行い、安全運転支援や自動運転制御に関わるさまざまなユースケースを想定した技術検証を行う予定となっている。

おすすめ記事

Tagged