しなやかで安定感の高い乗り心地 ボルボ・S60 試乗記

試乗レポート

2016年に登場した新型XC90から始まった新世代ボルボ。以降V90、XC60、XC40、V60と新世代ラインアップを矢継ぎ早に投入し、その存在感を急速に高めてきた。販売も絶好調でグローバルでも国内でもまさに快進撃を続けており、現在もっとも勢いに乗っているブランドといえるだろう。

この一連の新世代ラインアップの最後のモデルとなるのが「S60」だ。車名を見ればわかる通り、60シリーズのセダンである。したがってプラットフォームやパワートレーン、またインテリアなど、クルマの基本的な部分は先行したワゴンの「V60」と共通している。

同時に、このS60は現在の国内ボルボラインアップの中で、唯一のセダンということになる。グローバルでは一つ上のS90も用意されているが、現在国内では販売されていない。40シリーズはもともとセダンが設定されていないから、ボルボ車の中からセダンを選ぶとすれば、自然にこのS60を選ぶことになるというわけだ。

さて3代目となる新型S60の特徴は、まずそのスポーティで流麗なスタイルにある。やや丸みを帯びた先代モデルに比べ、新型はワイド&ローの低く構えたスタイルで、いかにも走りの良さを感じさせる。大柄に見えるがボディサイズは全長4760mm×全幅1850mm×1435mmとこのクラスとしては抑えられており、日本の道路環境でも扱いやすいサイズとなっているのがうれしい。

日本に導入されるのはエントリーモデルの「T4モメンタム」、ガソリン車の上級装備モデルの「T5インスクリプション」、前輪エンジン+後輪モーターを搭載する「T6ツインエンジンAWDインスクリプション」、そして30台限定となる「T8ポールスター・ENGINEERED」となる。このうち、今回は「T5インスクリプション」に試乗。もっとも量販が期待される中心グレードだ。

搭載するエンジンは2Lターボで、最高出力は254psを発揮。トランスミッションは8速ATが組み合わされる。ベンチレーションとマッサージ機能の付いたナッパレザーシートが標準装備されており、運転席に腰を下ろした瞬間から心地よい。

エンジンを始動し、いざ出発。今回の試乗コースは箱根周辺。急勾配かつタイトなコーナーが連続するコースとなるが、それだけにS60の素性を見るのに最適な環境だといえるだろう。

走り出してまず感じたのは、全体の動きが自然で素直だということ。低速コーナーはもちろん、高速コーナーでもバタつかず、きわめて安定感が高い。ステアリングの操作感はやや重めだが、操舵量に対する反応にも遅れがなく、余計な気を使う必要がない。足回りはカッチリとしているが適度なしなやかさも備えており、荒れたコーナーでもしっかりと路面を捉えてくれるので、安心してドライブを楽しむことが可能だ。

エンジンは、低回転域からフラットにトルクが出て来るので扱いやすい。ストップ&ゴーの多い日本の道路環境にも良くマッチしたパワートレーンといえるだろう。加速も申し分なく、期待以上にキビキビと走ることが可能だ。パワーの出方も自然なので、安心して踏み込むことが出来る。

標準のT4モメンタムは17インチのタイヤを装着しているが、試乗したT5インスクリプションは18インチと大径タイヤを履くこともあり、乗り心地はやや硬め。低速域での荒れた路面では細かい振動が室内に伝わってくるのが少し気になるが、不快というほどではない。ラグジュアリーとスポーティの中間といったところで、ちょうどよいバランスにセッティングされている。

また、充実した装備類も魅力といえるだろう。試乗したT5インスクリプションはベンチレーションやマッサージ機能を備えるファインナッパレザーシートが装着されており、この座り心地も抜群だ。目の前にはドリフトウッド・パネルが広がり、北欧らしい上品な雰囲気で室内空間がまとめられているのもボルボならでは。もちろん安全装備もフルに搭載されているので、万一の際の安心感も非常に高い。

荷物を積むことが多いアウトドア派ならV60だが、より快適な乗り心地を求めるならS60が最適だろう。国産上級セダンからの乗り換えにも最適なモデルである。(鞍智誉章)

おすすめ記事

Tagged