ボルボ・S60をフルモデルチェンジ

自動車 業界ニュース 新車情報

ボルボ・カー・ジャパンは、S60をフルモデルチェンジして発売を開始した。

8年ぶりのフルモデルチェンジにより3世代目となった新型車は、クリーンかつシャープなエクステリアや、スカンジナビアンデザインのシンプルで上質なインテリアを採用するとともに、ワゴンモデルのV60同様、全幅を1,850mm(先代比-15mm)に抑え、日本市場に配慮されたジャストサイズを実現した。

エクステリアは、北欧神話に登場するトール神が持つハンマーをモチーフとしたT字型の印象的なLEDヘッドライトをはじめシャープなショルダーラインが印象的な新世代ボルボに共通する美しいデザインを採用。ボディは先代より全長を125mm拡大するとともに、全高は45mm低く下げて伸びやかなスタイルとした。インテリアは、上級モデルの90シリーズと同機能を有するフロントシートを採用し、マッサージ機能やベンチレーション機能(Inscription グレードに標準装備)など、快適装備も充実させた。ボルボのセダンモデルで初めて採用したチルトアップ機構付電動パノラマガラスサンルーフ(オプション設定)は、閉じているときには濃色ガラスによって不快な眩しさを抑え、開け放てばキャビンをさらに爽快感あふれる空間を演出する。

パワートレーンは、燃費効率とパフォーマンスを両立するボルボの新世代パワートレイン(Drive-E)として2種類のガソリンエンジンに加え、2種類のPHEV(プラグインハイブリッド)を設定し、8速ATを組み合わせる。プラグインハイブリッド車はエンジンと電気モーターを組み合わせた電子制御AWDシステムにより、快適性と卓越した走行性能を両立する。

また、新型S60をベースに開発した初のハイパフォーマンス・コンプリートカー「S60 T8 Polestar Engineered」を30台限定で発売。T8 Twin Engine AWDパワートレインをベースにポールスターによるチューニングによって、参考出力420ps(333ps / 430Nm + 87ps / 240Nm)を発揮し、0-100km/h 4.3 秒(メーカー発表値)のパフォーマンスを実現する。シャシーには専用のオーリンズ製DFVショックアブソーバー(22 段階調整)、ブレーキにはPolestar Engineered / Brembo 製フロントブレーキ(371mm / 6 ピストン)などを採用する。

専用の内外装に加え、フロントとリアには専用のエンブレムが取り付けられ、スポーツ走行に適したオープングリッドテキスタイル / ナッパレザー・コンビネーションスポーツシート、ゴールドカラーのシートベルトなどがそのスポーティな個性を演出している。

おすすめ記事

Tagged